フィリピンの物価をマニラ在住者が暴露。意外に費用がかかる部分も



マニラやセブといったフィリピンの物価は
日本に比べて異常に安いと
誤解されているところがある。

一面では事実である反面、
旅行に来て思いの外お金がかかることに驚く人も見てきた。


これは当然のことで、
フィリピンの中でもマニラというのは貧富の差が激しく、
二重価格と言ってもいいぐらいの状態になっているため。


フィリピン人が飲食店でバイトをすれば、
時給は100円程度。

大卒の初任給が2万円程度の国なので、
当然ながらマニラも物価は安い。

現地の人向けのものであれば。


フィリピンで物価を高く感じる場面

マカティからBGCへ移動する途中
ローカルフードなら一食100円程度で食べることもできる。

これは自分で料理をする場合ではなく、
道端にある屋台のようなローカルレストランの場合。


フィリピン人は米が好きな国民だが、
正直、日本人の口には合わない。

炊いた白米がもっとも一般的で、
パサパサ感と糊のような妙な濃厚さがある。

昔米不足で日本にタイ米が輸入され、
ブーイングに近い反応が出ていたことがあるが、
タイ米よりもフィリピンの米は美味しくない。

タイ米はチャーハンのように油で炒めたり、
スープの中に入れるのに適している。

しかし、フィリピンの米は普通に炊いただけで、
日本の米とはかけ離れている。


一方で外国人向けレストランに行けば、
飲み物代は別で700円程度は普通にする。

マカティのリトルトーキョーでランチを食べれば、
普通にこの程度の物価となる。

これを見れば、日本と変わらないということになる。



リトルトーキョーの場合、
マニラで日本食が食べられるという希少性があるので、
その分上乗せされている部分はある。

実際、マカティ内でもチェーン系の店なら
半額程度で食べることはできるので。


マクドナルドやバーガーキングの他に、
フィリピンにはjollibeeという甘めのケチャップを使った
ハンバーガーショップもある。

このjollibee、
日本人からは不評な店だが、現地では大人気で、
世界で唯一マクドナルドがシェアNo.1を奪えなかった国となっている。

ちなみに、jollibeeはハンバーガーもパスタもとにかく甘い。

あるいはInasal(イナサル)やChowking等の
フィリピン料理や中華料理のチェーンもある。

これらは250円から350円程度で食事ができる。



こうして見ると、
フィリピンの物価はそれなりに安い感じがしてくる。

ローカルレストランはさらに安いので、
いくつかの階層に分かれているということ。


そして、外国人向けレストランの価格というのは、
マニラに限らず新興国でもそれなりにする。

たとえば、マカティのグリーンベルトというモールに入っている
レストランは一部のファーストフードを除いて
それなりの金額のところが大半。

とは言え、
アルコール抜きなら2000円〜3,000円程度で
そこそこ高級なスペイン料理やギリシャ料理を食べられるので、
日本と比べて物価が安いことに違いはない。


ただ、何でも一食100円や200円で
食べられるわけではないということ。

そもそもそんな国はないと思うが・・・。


何しろ、国が発展していないと外国人向けの
レベルの高いレストランなんて増えてこない。

そこそこ発展してくれば、
そういったレストランは外国人に向けた価格になるので、
国際的な基準に近づいていく。

結局、それなりの質のものを食べたければ、
極端に安くで買えるわけではないということ。



こうして食費を見ると対してマニラの物価は安くないものの、
人件費関連は話が違う。


フィリピンの物価はイメージ通りな部分も

ボラカイの街角
たとえばタクシーの初乗り運賃は80円程度。

これは世界の首都の中でもトップクラスの低価格帯。


電車も数十円で乗れるし、美容院は120円程度。

マッサージもマカティなら1時間800円ぐらいでやってもらえる。



フィリピン人の人件費の安さが反映されるのは、
こうした日本人にもなじみの深いサービス業ばかりではない。

住み込みのメイドを月に2万円から3万円で雇えることは、
多くの日本人を驚かせる。


コンドミニアムにはメイド部屋が併設されていることも多く、
最初から家事を自力でしないことが想定されている。

私はマニラに住むようになってからも、
独身だしメイドを雇うことはしていない。

食事はすべて外食だし、
掃除もその都度頼めるので。


しかし、子供がいる家庭とか、
夫婦で暮らしている場合にはメイドに家事を任せるのも
フィリピン生活の大きなメリットになる。

たった2万円で家事から解放されるのなら、
夢のように感じる主婦の方も少なくないだろう。



実際にマニラで生活するのなら、
これらの物価の他に家賃も重要な要素になる。

生活費の中で、大きな割合を占める項目なので。


日本人を含めた外国人がマニラに住むなら、
治安も考慮してエリアを決める必要がある。

その前提で考えても、
月に5万円程度で部屋を借りることができる。

それなら日本でも同じと思うかもしれないが、
24時間体制で警備員が常駐し、
プールやジムが併設されているという点は大きく異なる。



私はマニラ市内にあるマカティに住んでいるが、
このエリアでも東京の一等地に比べて圧倒的に家賃が安い。

なお、マニラの中だとグローバルシティが
もっとも家賃相場が高く、
その中でもフォートボニファシオは新興開発地域で
生活費は家賃・食費等含めて高くなる。

グローバルシティに続くのがマカティで、
古くからの商業地域(オフィス街)でもある。

他にもオルティガス等が日本人移住者に人気のエリア。


フィリピンでは服や靴も安く、
1000円でジーンズを買うことができる。

服全体としては、日本の半額程度の物価という印象。



こうした総合的なところで見ていくと、
やはりマニラの物価は安い。

食事についてはそこまでではないものの、
それ以外の項目が軒並み低価格になっているので。



ボラカイの滞在費は別

世界的なリゾート地と知られるボラカイ島は、
そもそもフィリピンであることがあまり知られていない。

パワラン諸島の夕暮れ

この島はビーチリゾートのため、
海沿いのホテルを中心に価格は高騰している。

世界的な傾向だが、
たとえ新興国でもリゾート地については
宿泊費が跳ね上がる傾向にある。


ざっくり言えば、マニラの3倍や4倍することもざら。



そのため、一般的なフィリピンの物価の感覚を
ボラカイに持ち込むことはできない。

これは同じくビーチリゾートであるエルニドについても同様。


逆にボラカイやエルニドの滞在費が
マニラやセブ、ダバオに当てはまるわけでもない。


セブには2つの顔が

フィリピンが有するもう1つの有名リゾートがセブだが、
この街はビーチリゾートであるだけではなく、
人口がマニラに次いで2番目の都市でもある。

空港のあるマクタン島の南側(特に東の方)は
高級ホテルが立ち並ぶのに対し、
セブシティは大きな街になっている。

セブシティはビーチリゾートの雰囲気はなく、
むしろマニラに環境が近い。



マクタン島のビーチ沿いのホテルは当然高く、
以前に泊まったAVACCAホテルは一泊9万円以上した。

高級リゾート、AVACCA

しかし、セブなら安めの中級ホテルは4,000円程度でも見つかる。

つまり海沿いか内陸かで価格は大きく異なる。

基本的な物価水準はマニラに近いが、
メイドは月に1万円から2万円で雇えるということで、
この部分は割安感がある。



フィリピンには複数の案件に投資をしているが、
セブのコンドミニアムも購入している。

ただし、不動産価格はマニラと大きく変わらず、
かなり高騰しているのも事実。

投資対象として不用意に購入すべき段階ではなくなった。

マニラに続いてセブにも住んでみたが、
外国人向けの住宅価格は思ったよりも差がない印象。


ただし、セブを代表するアヤラモールは、
マニラのグリーンベルトと同様にアヤラグループが
デベロッパーとして開発しているが、
テナントの価格帯は大きく違う。

グリーンベルトだと1人3,000円〜4,000円程度のレストランが
ゴロゴロ入っていたが、
アヤラモールだと1,000円程度の店が中心。

マニラで言えば、グロリエッタクラスとなる。

このあたりはフィリピン有数の財閥、
アヤラグループも計算してテナントを変えているのだろう。



セブでランドリーに洗濯物を出すとキロ80円ほどで、
洗濯・乾燥のみとは言え、このサービスは助かる。

セブには洗濯機のないコンドミニアムも多く、
その場合にはランドリー業者が宅配で来てくれるため、
自宅で服を洗う必要がない。

日本で言うクリーニングに近いが、
自宅でできないきめ細かなサービスというより、
ただ洗濯機と乾燥機で洗って乾かすだけ。

フィリピン以外でもタイやラオス、マレーシア等で見る
シンプルなビジネス。

現地に移住した場合ばかりではなく、
長めの旅行の時にも大いに役に立つ。


また、セブでフィリピンの物価の高さを感じたのは、電化製品。

普段は家電を自分で買うことはなく、
コンドミニアムに備え付けのものを使っているため、
電化製品の高さを実感する機会は少ない。

ただ、以前にマレーシアで買ったPHILIPS製のシェーバーの
調子が悪くなってしまったため、
買い換えようと思ったことがあった。

すると、以前は7000円ぐらいで購入したのと
同じようなタイプが2万円ほどする。

アヤラモール内の電気屋、ドラッグストアでは
同じぐらいの価格帯でしか販売していない。

アマゾンで見ると8,000円程度だが、
フィリピンは配送の圏外。

香港へ行く予定があったので
その時に買うことにしたのだが、
旺角(モンコック)の家電量販店で8,000円ほどだった。

同じPhilipsの同型のシェーバーでも、
倍以上することに。

これは驚いたが、
頻繁に電化製品を買い換えるわけではなく、
大抵のものは部屋のオーナー負担となるため
あまり関係ないところではあるかもしれない。




ここまでをまとめると、
フィリピンの物価は基本的に日本より安いものの、
外国人らしい暮らしをするにはそれなりにお金がかかる。

セキュリティ面も考えると、
現地の一般的な人と同じ暮らしを送るのは困難なので、
せいぜい月に15万円ぐらいは見ておいた方が
余裕を持って暮らせることになる。

費用だけ見るとメリットを感じないかもしれないが、
マニラやセブの一等地に住み、
プール付きのコンドミニアムで暮らせて、
レストランでの食事が日常という前提で考えれば
移住する価値は十分にあるというのが住んでみての実感。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ