セブ・アヤラセンターのTONKATSU BY TERASAWA通い




セブには、豚カツ専門店があって、その名もずばり、「TONKATSU BY TERASAWA」。

この店は、セブのみならずマカティーにもあった。

マカティーの場合には、グリーンベルトというショッピングモールに入っていたが、その前は日本風の洋食屋で、「MA MAISON」という名前だった。

ここの店のハヤシライスが好きだっただが、潰れてしまったと思ったら、豚カツ専門店に早変わりしていた。

看板をよく見ると、この「MA MAISON」という表記が小さく出ていたので、完全に別のテナントに入れ替わったのではなくて、同じオーナーの店がリニューアルしたという流れらしい。

マカティーに住んでいた時は、リトルジャパンという、和食レストランが密集しているエリアがあったので、豚カツ専門店に行く機会はそこまで多くはなく、数回行った程度だったが、グロリエッタに「銀座梅林」ができたので、そちらでもカツ丼を食べに行ったりしていた。

そして、セブに移住してきてから、アヤラセンターに食事でほぼ毎日訪れるようになったが、ここで和食を食べたいと思ったら、ほぼ「TONKATSU」一択となっている。

他にも、「Red Kimono」や、「東京弁当」という店があるにはあるが、正直おいしいとは言えない。

明らかに、日本人が作った店ではなく、現地の人が何となくのイメージで作っているメニューで、そもそも米が美味しくなかった。

ということで、おいしい米をアヤラセンター内で食べられる店として、この「TONKATSU」という店があるが、こちらはその名の通り豚カツ専門店で、普通の豚カツから味噌カツ、さらにはカツカレーやカツ丼も用意されている。

肉はヒレとロースがあるので、好きな方をチョイスできる。

基本的に、ご飯とキャベツとけんちん汁のような味噌汁がおかわり自由となっていて、よく食べる二十歳位の人にも良さそうだが、あまりそういった人を見かけることはない。

ここには、セブに住んでいる間度々通っていたが、客層としては半数位が日本人で、残りはそれ以外の外国人。

フィリピン人らしき人が多いので、かなり所得水準が上がってきているというふうに感じる。

というのも、ここは一人千円位は単価がいくので、バイトをしたときに時給百円位と言われるフィリピン人の平均的な所得を考えると、それなりに高級な店という扱いの店になる。

しかしながら、ランチにしろディナーにしろ、そこそこ人が入っているところをみると、フィリピンでも中間層が育っているということを如実に感じる。

ここの場合は、どうしても豚カツ専門店なので、あくまでも主役はカツで、さっぱりしたものを食べたいとか、魚を食べたい時には需要を満たすことができず、仕方がないのでアヤラセンターの外に行くしかない。

例えば、「夢屋」とか「居酒屋呑ん気」とか、そういったところに行くことになるが、他にも少し足を延ばしてITパークに行けば、「知暮里」等もあるが、渋滞の激しいセブの夕食時に、わざわざタクシーに乗る気にもならず、やはり徒歩圏内で済ませてしまうというのが実際のところ。

セブは、それなりに和食レストランが充実しているが、この交通の便が少々残念なところ。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ