電子書籍プレゼント

オーストラリアのビザの話を移住者に聞いてきた




オーストラリアに移住した小阪さんにビザについて話を聞くことができた。

かなり参考になる部分があったので、シェアを。

以下は実際にオーストラリアに住んでいる小阪さんの話。


「ビザに関する話をしていきたいと思います。

ビザはオーストラリアの場合は、旅行でも必要になってきます。

ちょっと行くだけでも必要になってくるので、オーストラリア大使館のホームページを見ると詳しく載っているかと思います。

後は学生ビザやビジネスビザやワーキングホリデービザなどが移住するのに必要になってきます。

例えば学生ビザは比較的取りやすくて、行く大学や語学学校などがもう決まっていて、もう学校とのやり取りをしてお金を振り込んだら、ビザに関してはあっさり取れます。

そのお金を振り込んだ証明や学校からの入学許可証などを持って、あとは特別な健康診断が必要になってくるので健康診断の証明を持ってオーストラリア大使館に行くと、その日のうちに取れるかと思います。

ビジネスビザに関しては企業の方がビジネスビザ枠というか、外国人枠が決まっているので、企業の方からビザを取ってもらう事になります。

ワーキングホリデービザですと、年齢制限があったり、銀行にお金がいくら入っているかなどの証明があるので、その辺はインターネットなどを通じてリサーチする必要があります。

永住したいと考えている場合は、オーストラリアの永住はポイント制で計算されます。

例えばオーストラリアで学生をやっていて、2〜3年同じ町に住んでいたら何ポイント、親戚が住んでいたら何ポイント、勉強するものによっても違っていて、ITなどを大学で勉強した場合は何ポイントとか、何を勉強したかによってポイントが変わってきます。

そういったポイントを集めて、自分は合計何ポイントなのかという条件が永住権に当てはまったら、初めて永住権を申請することができます。

ただ永住権はポイントがお金で買えるので、お金持ちの人はお金で買って永住しているという話は聞きます。


オーストラリアの学生ビザについて

学生ビザは例えば大学が決まっているとか、そういった時にあっさり大使館でゲットできます。

他にも旅行で行ってとか、ワーキングホリデーで行ってとか、その後就職先を見つけてビジネスビザを獲得とか、恋人ができてパートナービザというものがあるのですが、そういうものを獲得する際に移民局との付き合いが出てくるかと思います。

しかしですね、オーストラリアの移民局はかなり感じが悪いので気を付けてください。

あまり愛想もよくないし、親切でもないし、お役所仕事なので仕方がないかなとも思うのですけれども、何でこんなに感じが悪いのだろうと思うぐらい良い人はいません。

他の国だと移民局の人の中にも優しい人もいるのですが、オーストラリアは色んな町で移民局に行った事があるのですけれど、概して、わざとそうしているのかもしれませんが、感じが悪いです。

なので気を付けて移民局と付き合うことをお勧めします。

あまり気分を害さないようにしないとビザが貰えなくなったりもするので、感じの悪い人相手でも怒ったりしないように気を付けるのも、ビザを得る一つの手なのではないでしょうか。


ビザには他の種類も

ちょっと前にもちらっと話をしたのですけれども、オーストラリアには旅行ビザ、学生ビザ、ワーキングホリデービザ、永住権、ビジネスビザなどの他に、パートナーシップビザという彼氏、彼女がオーストラリアにいる場合のビザを獲得できます。

そのビザは半年だったか一年だったか、その彼氏、彼女と付き合っていたという証明と、オーストラリアに住んでいる彼氏、彼女が恋人を養えるぐらいのお金があるという証明が必要になってくるのですけれども、私の知り合いでも、何人かこのビザでオーストラリアに居た人がいます。

例えばオーストラリアにワーキングホリデービザで行って、オーストラリア人ないしオーストラリアに住んでいる外国人の恋人ができたとします。

そうすると、一度日本に帰ってビザを獲得するのは非常に大変なことなのですけれども、オーストラリアの場合は移民局で審査を通している間、ブリッジングビザという審査中ですよというビザが貰えます。

なので通るかどうか分からなくても、暫くオーストラリアに居たい場合はブリッジングビザも貰えるので、審査を通しておくと得かと思います。

そういうちょっと趣向が変わったビザも存在する事をお知らせしたくて、今回そのお話をしてみました。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ