フィリピン移住に失敗した人の話




どうしても海外生活に失敗する人はいる。

マレーシアに住んだ時もそれは感じたし、
フィリピンに移住しても同じ思いがある。


特にフィリピンの場合には色々と落とし穴があるので、
人によっては合わないと感じることがあるかもしれない。

ただ、そのリスクを知っていれば、
部屋選び等でリスクを回避できることもある。

失敗の理由についていくつか見てみよう。



フィリピンは場所によって別世界


私が移住後に住んでいるマカティは、
フィリピンの中でも一番のオフィス街。

外国人が安心して住めるように治安も良くなっている。

たとえば、こうした地域を下見の時に訪れ、
移住してから家賃の安い地域に住んだらどうなるか?


そこはまったく別の国のようになる。

たとえば、歩いている人の服装もぜんぜん違う。

マカティなら小ぎれいな格好の人が多いが、
場所によっては明らかに豊かには見えない人しかいないことも。


私もマラテ・エルミタ地区のホテルに泊まった時には
フィリピンに移住して失敗だったかもしれないと思った。

この地域はマニラの中でも治安が悪いのだが、
事前情報がなかった当時でも身の危険を感じた。

何も知らずにこうした地域に住んでしまうと、
それは後悔することになるだろう。



物価への過剰な期待


物価が安いからフィリピンへ移住してくる人もいるし、
月に10万円以下で住むこともたしかに可能。

しかし、それは住む場所を選ぶ。

マカティで普通のレストランに行く生活なら
10万円では到底無理。

15万円でもあまり余裕はないだろう。


外国人向けの物件じゃないと治安の面で不安だが、
あまりいいところに住むと家賃が高いだけではなく、
周囲のレストランも高い。

私の住んでいるところだと、
近くに普通のスーパーもない。

高級スーパーしかないので、
普段の買い物もそれなりに割高になる。

部屋選びに失敗すると、
生活コストは安くはなくなる。

これはフィリピンの物価が高いということではなく、
フィリピンの中で良い暮らしをすることになるから。

現地の人は時給100円で働いていたりするが、
それと同じ生活を日本人がするのは難しい。

これを前提にしていないと移住に失敗する。

物価の安さを理由にするなら、
治安との兼ね合いも考えた部屋選びが必要になる。



人が思うように動かない


フィリピン人は東南アジアの中では比較的よく働く。

とは言え、日本のようなサービス水準にはない。

愛想のいい人が多いので勘違いしてしまうこともあるが、
サービス全般のレベルが高いわけではない。

注文した水が時間通りに来ないとか、
翌日になっても到着しないとか、
そんなことはよくある。

安い分だけサービスの質も低いことを承知しておかないと、
ストレスが溜まって仕方ないがない。

費用対効果で言えばいいのだが、
日本レベルを当然の基準において移住してくると
フィリピンでの生活は低い。

この辺の要求は下げていく必要がある。




ここまで共通で言えるのは、
フィリピンはどの地域に住むかというのが重要ということ。

それによって生活費も変わるし、
提供されているサービスの質も違う。

当然、外国人向けサービスは質も値段も高い。

フィリピン人向けなら価格は安いが
内容に問題があるかも知れない。

どのような目的で移住するのか、
予算も見ながらその辺を考えておかないと
失敗することになるだろう。




女性関係の失敗

日本人の(主に中高年の)男性がフィリピンで痛い目を見やすいのは
やはり女性関係のトラブルだろう。

フィリピンは世界中でもっとも困窮邦人が多い国。

困窮邦人というのは、
海外移住後、経済的な意味で生活が成り立たなくなり、
帰国しようにも帰りの旅費もなくなった人を指す。

この困窮邦人の過半数をフィリピンが占めている。

正確な統計はないが、
耳に入る情報から判断する限り、
基本的に女性問題が原因。

典型的なのは、
フィリピンに移住後、貢ぎすぎてしまうパターンと、
フィリピン人女性やその家族に騙し取られて失敗するパターン。

後者の場合には、結婚後の場合もある。

フィリピンは法律上、
外国人が土地を購入することができない。
(区分所有の場合は別)

そのため、日本人が移住しても
現地で土地や戸建て住宅は買えないので、
代わりに現地人の彼女または奥さん名義で購入し、
一緒に住む約束をする場合がある。

とは言え、お金を出したところで
登記の名義人になっているわけでもないし、
家を追い出されたらそれまで。

フィリピンは家族・親族の結びつきが強く、
お金を持っている人に平気でたかる人も少なくない。


こうして資産を失い、
経済的な問題を抱えてしまう人がいるし、
困窮邦人は極端な例にしても、
それなりの失敗をして日本に帰国する人は
より多数にのぼるだろう。



本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ