電子書籍プレゼント

フィリピンでクリーニングを出してみる


フィリピン、マニラに移住してきて
部屋が入居可能になるまでホテル暮らしをしている。

その間は自分で洗濯ができないが、
手持ちの服が尽きようとしていた。

服を大量に処分してしまったので、
持ってきた着替えは1週間分もない。

そこで、手持ち分をクリーニングに出すことに。

ホテルのあるケソン地区を歩いていて、
偶然見つけたクリーニング屋に入った。


その時は洗ってもらう服を持っていなかったが、
話を聞いたら1キロ25ペソ(約60円)で
洗ってくれるらしい。

取りに来たり、届けてもくれるという。

電話番号の書かかれたチラシをもらっておいた。



ノボテルから電話しようとすると、電話が通じない。

フィリピンで買ったばかりのSUNのSIMなので、
こちら側で何か問題があるのだろう。

仕方ないので、洗濯物を持っていった。


先日のラオス旅行の時に出した洗濯物が
ちょうど1キロだったことを考えると、
500グラムちょっとだろうか。

1キロ扱いでも全然お得だ。

ちなみに、ラオスのルアンパバーンでは1キロ100円だったので、
フィリピンではそれより安いことになる。



店につくと、最低量が3キロという。

さっき言ってほしかった・・・

3キロ分の料金を払うことにしたのだが、
届けてもらえるのは5キロからという。

なぜ、さっき言わない・・・

表のポスターにも書いてないし。

仕方ないので、5キロ分で注文することに。

ホテルから10分近く離れているので、
あまり歩いてくるのは気が進まない。

120円余分に払って持ってきてくれるなら、
それでも全然得だ。

翌日の朝10時に持ってきてくれるらしい。




一夜明けて、翌日。

時間になっても持ってこないが、
フィリピンなのだから当然だろう。

しかし、昼になっても、夕方になっても来ない。

仕方ないので、こちらから出向くことにした。

もはやデリバリーの意味がない。


服は無事にあった。

当面の着替えがなくなるという事態は避けられた。

理由を聞いたら、
ホテルが見つからなかったらしい。


どうでも良かったが、
一応デリバリー代(5キロから3キロを引いた2キロ分)を
返すように言ってみたら、意外に返ってきた。

多少は悪いと思っているようだ。

料金の驚くほどの安さは魅力だが、
この適当さは厳しい。

服がなくなったりしても困るし。

この人件費の安さがフィリピンの魅力だが、
このいい加減さが怖いところだ。



フィリピンのクリーニングは当てにならない?

上記の時以外にも、
何度かマニラでクリーニングを使ったし、
セブに引っ越してからは部屋に洗濯機がなく、
毎回クリーニングに出していた。

その経験からして、
フィリピンでクリーニングにデリバリーを付けても、
届く確率は50%以下だった。

時間どおりに来ることはほぼない。


また、セブではコンドミニアムと提携している店があり、
コンシェルジュに服を預けておくと店が回収し、
その後コンシェルジュに返却される仕組みだった。

基本的に問題はなかったが、
一度明らかに乾燥させていなかったことがあった。

濡れ具合から考えて、
どうも乾燥機に入れてすらいないと思われる。

きれいにたたんであるので、
たたむ時に気づくはずなのだが、
そのまま返してくる神経が理解できない。

こうしたところも、フィリピン・クオリティーとして
割り切るしかないのだろう。



本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス




よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ