電子書籍プレゼント

ダブリンからリスボンへの移動が決定




ロンドンに行った後の日程が、大まかに決まった。

まずはロンドンから陸路で北西に移動して、そこから船でダブリンに行く。

その後アイルランドでは特に予定はないので、日程の許す範囲でダブリンからベルファーストやゴールウェイのような近郊の街に行くことも考えるとして、十日ほどイギリスとアイルランドで過ごした後はリスボンに移動する。

リスボン行きの航空券は取っていて、ヨーロッパのLCCとして有名なライアンエアーを使う。

金額は78ユーロということで、およそ一万円。

かなり安いことがここでもわかるが、東南アジアにおいてもLCCは非常に安くなっているので、それと同じくらいの感覚がする。



空港が近い街は旅がしやすい

ダブリンにしてもリスボンにしても、空港が市内から近いということなので、その点は時間を節約できて助かる。

特に今回のダブリンの出発は9時台なので、あまり空港が遠くに離れている場合には厳しいものの、シャトルバスであれば市内中心部から30分ほどで着く模様。

空港から街までのアクセスが重要というのは多くの観光客にとっての共通認識で、そこら辺はダブリンとリスボンの二都市共に優れている点。

リスボンは最近地下鉄が拡張していて、空港から街までのアクセスがますますよくなっているという話。

以前に訪れた時にも地下鉄を使うと移動に便利だったが、その時には空港を使うわけではなくて電車のみで移動していたので、中央駅に行くことはあっても空港までのアクセスはよくわからなかった。

また、リスボンの治安についても、そこまで悪い国ではないので安心して出歩けるのは前回の旅行で確認済み。

今回は季節も全く違って、前回のクリスマスをはさんだ冬ではなくて、むしろ逆に真夏。

季節の違いも楽しみなところで、機会があればポルトガルの伝統的な民謡のファドも聞きに行きたい。

ダブリンに関して言うと全く初めてだし、アイルランドは行ってみたい国の一つだったし、ダークヘッジを訪れたり、アイリッシュシチューを食べるのを今回はかなり楽しみにしている。

アイルランド人とは性格も合いそうなので、その点も期待しているところ。

今回はライアンエアーを使うことにしたし、加えて先ほどドイツからカナダへの航空券も手配して、そちらはコンドル航空という初めて搭乗する航空会社を使うことにした。

やはり場所が違うと運航している航空会社も違うので、普段のアジアの移動とはまた随分と勝手が違ってくるし、初めて行く街であったりとか、あるいは初めて使う空港だと市内までの交通手段を調べたり、色々と手間がかかる部分もある。

しかしながら、こういった体験の一つ一つが自分の知識や経験を増やしてくれるし、賢く、そして強く鍛えてくれることはこれまでにも実感している。

今回の経験を通してダブリンやカナダのハリファックスにもなじみが出てくるわけだし、いま現在は得体がしれない場所であっても、それが数か月後には血肉となって、新たな経験として、自分の中に吸収される。

ライアンエアーの場合であると、アジアの場合と違って、最初から指定席以外はすべて早い者勝ちで自由席の取り合いになるとか、ちょっと勝手が違うところもあるので、そこら辺も楽しみにして行ってきたいと思う。

まずは大まかな予定が決まって良かった。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事