旅の予定を決めるのが後手後手にまわっている


もともと特に予定のない状態で旅に出てしまったということもあって、その後も自分の行き先を決めないとまったく何も定まらないということになってくる。

それ自体は別に問題がないわけで、その日泊まるホテルさえ見つけていれば決定的に困ることはない。

問題なのは五月に入ってから香港と日本に戻るということで、自分のクラブメンバーに告知をしているので、その部分についてはしっかりと予定が決まっていて、その前後についてしっかりと何かしら予定を合わせなければいけないということ。

これをやっておかないと予定が崩れてしまうし、約束を守れないということになってしまうので、当然ながらしっかりと移動のスケジュール等を組まなければいけない上、クライアントと予定の折衝もしておかなければいけない。

しかしながら、往々にしてありがちな話で、いつのまにか当日の期日が迫っていて思っていたより早い段階でその日がやってきてしまうという状態になりつつある。

そろそろどこで集まるかとか、そういった会合の場所というのも決めなければいけないし、オフ会をする予定なので、そこらへんも調べなければいけない。

しかも新宿やその近辺でやる予定なので、そこらへんに行って決めるわけにもいかず、事前に海外から適切な店に目星をつけて参加者には連絡をしておくということになる。

これは意外に面倒なことで、実際その店に行ってみないと賑わい具合であるとか、あるいは空席が多いのかどうか、落ち着いて話ができる環境かといったことがわからない。

あまりにも静かで声が通る環境というのも話しづらいわけだし、かといって居酒屋のようにうるさいと落ち着いて会話をすることができないので、それはそれで問題ということになる。

海外でバーなどに入ると大音量で音楽がかかっていて、大声を張り上げないと会話すらかわせないということもあるが、そういった環境では当然不可。

こういったことを海外ですべて予定を組んでさらに人に伝えておくというのは意外にも手間がかかるし、実際に行ってみないとその選択が正しかったかどうかということも定かにはならない。

個人的には新宿だとフォニックフープやアームウッドコテージ、サロカフェあたりが気になっているが、人気店のようなので予約なしだと満席のリスクが気にかかる。

ここらへんはかなり大変なところだとは思うが、折角三年ぶりに日本に戻るということもあるので、この機会というのはうまく活用していこうと思う。

特にクラブメンバーと日本国内で会うということは初めてなので、それはそれで楽しみなところではある。

とはいえ、航空券の予約等がかなりぎりぎりになってからになってしまった上、日本を出てから次にどこに行くかというのも決めていないし、具体的な日程というのもいまだに未定。

その上、もうすでに十日ちょっとしか残されていないということになっていたので、思ったよりも早い段階で、日程が来てしまっているということになる。

さらにいうと、タイから香港に行く前にどこか一国をはさんでいく予定だったが、どうやら体調を崩している間に、そういった時間というのもなくなってしまっているらしく直接バンコクから香港に向かうことにした。

とりあえず最近胃腸の調子があまり良くないという自覚があったので、脾臓にいいといわれている牛骨スープを今日のランチでは飲むことにした。

具体的に言うと韓国料理屋でソルロンタンというメニューを注文してそれを飲む予定。

バンコクにはスクンビットプラザという場所があるので、そこで韓国料理屋を探して適当な店に入ることを考えている。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ