旅先で観光とか特別なことをしなくてもいい


今回バンコクにもうすでに一週間ほど滞在しているが、観光らしい観光というのはほとんどいっていない。

王宮にもワット・アルンにも行っていないし、チャオプラヤー川も目にしていない。

もうすでに何度も訪れている町なのでいかにもといった観光地を訪れる気もしないし、基本的にはアソックのターミナル21というショッピングモールで食事をしたり、近くのスクンビットプラザというところでサムゲタンを食べたり、あるいはプラチナムショッピングモールやMBKというところで服や下着を買ってきたりといった普段の生活に近いような行動をとっている。

私の場合はもうすでに観光地やいわゆる人気スポットを巡るというのはそれほど意識していないし、はじめての国であればともかく、それ以外の国であれば基本的にのんびりと生活をするということを前提にしている。

普通の人であれば、仕事をやめて、もしくは休みを取って長期の旅行に行くとかそういった形になるので、基本的に観光をしないとやることがないという状態になってしまうが、私の場合であればそういうことはなく、いつもどおりの仕事を続けているので別に観光地に行かないからといってやることがなく退屈になってしまうということはない。

そのため、ホテルでは仕事ができる環境かどうかというのが非常に重要で、インターネットが使えないホテルというのはとても困る。

最初のうちは近くのカフェに行ったりしてネットを使うというのもその町の雰囲気を感じながら仕事ができるという意味でいいのではないかと思っていたが、実際問題としてやはり寝る前やおきた直後にメールをチェックしたりとか、フェイスブックに投稿をしたいとか、そういった気持ちになることもあるので、いつでもネット環境が整っているということは非常に重要なことだということを改めて感じている。

そのため、とりあえず一泊してみて、そこのネットがつながらない時間があるとか、そういったホテルであればそのまま延泊をすることはなく、ほかのホテルに移るようにしている。

今回でいうと、私の友人がバンコクで合流する予定なので、彼が希望するのであればバンコクの有名寺院であるワットプラケおであるとか、ワットアルンとか、こういった観光名所も案内しようと思っているし、明後日からはソンクランと呼ばれる水かけ祭りも始まるので、そこらへんには折角なので参加してみようかとも思っている。

当初はずぶ濡れにされるというのも嫌だったし、ホテル暮らしだとそういったところが結構不便で、服を乾かすにもそういった前提で作られている部屋ではないので、かなり設備面で面倒な所もあるが、やはり世界中から観光客が集まってきて盛り上がっている祭りに参加できる機会というのはなかなかないし、こういった機会を活かしてみるのもいいのではないかということで、この水かけ祭りについては参加することにした。

そういえば、かつてベネチアに行ってカーニバルの時期が近かったのに、ちょっと時期がずれていたために参加できなかったのを非常に残念に思ったことを記憶している。

ベネチアのマスカレイドスーツと呼ばれる仮面をかぶった人々が行き交う幻想的な風景というのは是非見てみたかったが、その時期というのはもともとホテル代が高いベネチアの中でも一年で最も価格が高騰する時期ということで、そこらへんについてはかなり大変な状態になっているらしい。

ここらへんはアジアであればもともとの物価が安いので、経済的な負担もなく日本人にとっては非常に参加しやすいのではないかと思う。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ