自分が恵まれている事に気づかない人々


最近はすっかりバンコクは暑さがひどくなってきて、こちらにやってきた当初のような意外にも凉しいという感覚はすっかりとなくなってきた。

三分ほど外を歩いているだけでも汗が噴出しはじめ、手の甲がびっしょりと湿ってくるほど。

それはそうと、こちらでは非常に多くの人たちが日本人にくらべると低い賃金水準で働いていたりとか、あるいは家もあまりきれいとはいえないところに住んでいることが多々ある。

しかしながら、多くの人が日本人よりも自分を不幸だと思っているかというと、そういった雰囲気はまったく感じず、むしろタイ人の方が東京で暮らしているビジネスマンよりも人生を楽しんでいるのではないかという感覚すらある。

実際、新興国というのは日本の高度経済成長の頃を考えるとわかるように、人々に活力があるし、未来への絶望や不安がない分だけかなり明るい雰囲気が漂っている。

これはタイに特有の話ではなくて、フィリピンやマレーシアにおいてもまったく同じことがいえる。

さらにいうと、南国というのは基本的に気楽な性格をしている人たちが多いので、そこらへんも人生を楽しむ上でいい方向に働いているのではないかという気がする。

翻って日本を見てみれば、自分のことを幸せだと思っ手いる人はかなり少ないと思うし、そういった楽観的な考え方をしているということは、どちらかというと馬鹿にされたり揶揄されたりする方が多いはず。

そういったことを考えてみると、自分の足元にある幸せに気づいていない人というのは日本においてかなり多いのではないかと思う。

それは周囲と比較するときに比較対象になるのが、基本的に自分の身の回りの人たちであって、国境を隔てた向こう側の人と比べるというわけではないので仕方がないところもある。

いくら海の向こうで時給100円の労働をしている人がいたとしても、時給800円でコンビニのバイトをしている人が優越感を得ることはないわけだし、そもそも生活コストも違うわけなので、まったく比較にならないとはき捨てて終わりにしてしまうということが多いはず。


しかしながら、結局のところ幸せというのはみつけるものという話があるくらいで、自分がどのように定義をするかということが最も重要なことになる。

そのため人生の最後の段階で幸せをつかめばいいという人もいる。

それはかなりの極論で、それまでの人生がずっと79年以上不幸で最後の一瞬だけ幸せを感じたとしても、それでチャラになるとは個人的に思わないが、どのような恵まれた環境にいるかというのを考えてみると、日本人の幸福度というのは若干上がるのかもしれない。

どれだけ貧困にあえいでいても基本的には寝るところがあるわけだし、食べようと思えば三食食べることができる。

仮に健康的なものでなかったとしても、一生食物は食べられるわけだし、なんだかんだいっても平均寿命より仮に10年間早死にしたとして、70年くらいは生きられるわけなので、過去の時代と比べれば圧倒的に有利だし、今現在のほかの国々に比べても劣っているわけではない。

そういった目でみてみると、日本の中で恵まれないという感覚を持ちながら生きている人たちもまた違った面が見えてくるかもしれない。

もちろん、日本で稼いでタイに外篭りに行くとか、そういった選択肢があるというだけでも随分とめぐまれた国に生まれたのではないかということは感じる。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ