移動手段に不安を覚え続ける旅


飛行機の移動であれば、事前に予約をしておかないと乗ることができないので、時間であるとか、日時は読めるということになる。

もちろん天候等によって欠航したり、あるいは遅延したりといったこともあるので、100%確実というわけではないものの、ある程度先が読める旅ということになる。

これに対して、ローカルの電車やバスを乗り継ぐ旅というのは、これからどうなっていくのかということがかなり不透明になってくる。

実際私は、マレーシアのイポーという町に、クアラルンプールから行ってみたのだが、電車の本数が少ない故、予約をしていなかったので、当日になって乗れないという可能性も十分にあった。

問題なく到着すれば、昼過ぎにはイポーに着くものの、その日のチケットがすでに売り切れであったりとか、あるいは以前に見た時刻表がすでに過去のものになっていて、電車に乗れなかったりすればもう1日クアラルンプールで過ごさなければいけないということになる。

こうなってくると問題なのはホテルの予約でどちらの町で宿泊するのかわからないので、その段階では予約を取っておくことができないということになる。

更に言えば、イポーからペナンに行く時には更に情報が少なくなって、結局はホテルで話を聞いてみたものの、インターネットで出ている情報と、時刻表が全く違うので、結局は電車を使うこと自体を諦めて、本数が多いというバスで移動することにした。

この場合もどういった時間であるとか、経路で行けるかということがわからなかったので、やはりホテルの予約というのは非常に困惑した。

結果的にペナンについては、1泊だけホテルの予約を取っておいていこうかと思ったが、最終的にそれはやめて、ホテルの密集地がどこであるかということだけを調べて、現地で探すことにした。

結論として言うと、イポーからペナンへは、1日で行くことができたし、移動時間は確か2時間ぐらいで済んだ。

しかしながら、3時間ほどバス乗り場で待つことになってしまい、しかも途中で昼食を取りに出なければいけないとか、かなり面倒なことがあった。

というのも、私がバス乗り場に到着して、30分足らずで出発するバスがあったものの、もうすでに満席ということで、次のバスを待たなければならず、バタワース行きのバスというのは、次が3時間後になってしまうという問題があったので、こういった手持無沙汰な時間というのが生じてしまうし、かと言ってリラックスして過ごせるのかというと、荷物もあるのでそういうわけにもいかない。

しっかりと目を光らせておかないと、置き引きにあったりする可能性もあるので、海外だとなかなかゆっくりとして過ごすということもできないので、ここら辺は厄介な問題だった。

今後も国内移動を積極的に行っていくということになれば、こういった問題というのはつきもの。

いちいち飛行機に乗るというのも、空港に付く時間を厳密に計算しなければいけないとか、なんだかんだ言って空港まで行く労力というのもかかるので、バスや電車が使えるのであれば、そちらの方が気楽であるということもある。

しかしながら情報が少ないために、何時に行けばいいのかということもわからず、下手をすると満席等で移動ができないということもある。

以前にマレーシアのマラッカから、ジョホールバルに移動しようと思った時にも、もうすでにチケットが売り切れていて、夜中の便しか残っていなかった。

その時には、たまたまチケットを払い戻したいという人がいて、その人と交渉をして買い取らせてもらうことで事なきを得たが、こういった問題がバス移動には付きまとうので、そこら辺はかなり頭の痛い問題となっている。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ