旅において種を蒔く行為と果実をもぐ行為


私が旅行に出かけるとき、いつも思うのははじめての場所に行ってみたいということと、あとは同じ町に行く場合であっても新しいホテルに泊まってみたいということを考える。

これはなぜかというと自分の引き出しをどんどん増やしていくため。

あたらしい経験を積むことによって様々な引き出しを持つことができるわけだし逆に旅先でも毎回同じような行動しか取っていなければ、それは自宅で過ごすのと対して変わらなくなっていく。

そのためいかにして新しい経験を積むかというのが、これまでの私の旅の中心テーマだった。

しかしながらこの考えというのも最近では変わってきていて言ってみれば今までの行為というのは種を蒔く行為だったのではないかと思う。

つまり芽が出てそれが花をつけるのを待っている行為であって、言ってみれば先行投資ということになる。

例えばバンコクでお気に入りのホテルを見つけた時にそこにもう一度泊まるのではなくて、また新しく別のホテルに泊まって見るというのは経験の幅を広げるためには非常に有効なこととなる。

しかしながらいくら幅を広げていっても、その快適な環境を放棄するというのももったいないのではないかということを最近は思いはじめた。

例えば、自分の気にいったホテルがつぶれてしまうとか、あるいは次に来た時満室とか、そういった可能性というのもあるわけで世界というのはいつまでも同じ姿のままで継続して存在しているわけではない。

そう考えてみると、以前に行って快適だった場所を繰り返し訪れるというのも、それはそれで人生を豊かにするために大きな効果を持つのではないかと思う。

そういった意味でいうと、アジアの中ではバンコクやクアラルンプールというのは、旅行に適していると思う。

それに対して私はマニラを移住先として推奨をしているがこちらは旅先というよりはあくまでも生活の場所としてふさわしいという印象。

これに対してヨーロッパの中では行きたい国あるいは町というのはたくさんあって、例えばスペインであればバルセロナやセゴビアにもう一回いってみたいと思うし、セゴビアの近くにあるトレドという町にも訪れてみたいと思っている。

イタリアであればベネチアやローマ、あるいはイギリスであればロンドンやコスイ地方に是非いってみたいということを考えている。

今後の旅というのは種を蒔く行為と果実をもぐ行為のバランスというのをテーマに掲げていきたいし、そういったことを考えていくことによって、ただ単に禁欲的な旅を続けるのではなくて、もっと人生を楽しんでより豊かにしながら生きていくことができるのかもしれないと最近になって思う。

あまりにもストイックに生きていくというのは、一種の美徳であるように感じるものの、結局のところ人生に目的を見出せず喜びを先延ばししているに過ぎない。

そして結局のところ突き詰めていけば人生に目的がないという、あまりにも当たり前の真実を目にして愕然とすることになってしまう。

そういった意味でいえば、限界効用が近いうちはどんどん楽しみというのを享受して、そしてその効用が低減して来た段階で新しいところに飛び移るというのも一つの生き方ではないかと思う。

ただ単に新しい場所に行くとか同じ場所に留まらないというのは、変化をもたらしているようで、実はその行為自体が単なる習慣と化してしまう。

そういった意味でいうと、定住と移動のバランスを取って見るとか、緩急をつけてマラソンのようにゆっくりと走る部分もあれば猛ダッシュをする部分を取り入れていくことが、脳への刺激としてはいいのではないかと思う。

実際ジョギングも同じペースでずっと走るよりは緩急をつけてスピードを速めたり遅めたりしたほうが脳に対しての刺激が強いというが、生き方においてもそれが同じことがいえるのではないかといえる。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ