本場フィリピンで食べるハロハロの味は色々


日本でもコンビニエンスストアで食べることができるハロハロというのは、元々の起源がフィリピンにある。

そして実際こちらの店ではハロハロを食べられることが多い。

例えばイナサルという現地の人がよく利用するファーストフードチェーンがある。

ここの特徴は明確で、基本的に米と肉だけのメニューが大部分、野菜というのはほとんどない。

そして、パン食であるとかハンバーガーのようなものもなく、あくまでも主食は米。

そしてそれに備え付けられているのは鶏肉であるとか豚肉や牛肉等、ほぼ肉である。

一部、アジのような魚というのも置いてある。

正直にいってこの店は健康的なメニューはないし味も日本人の私からみるとあまり美味しいとはいえない。

米というのも、日本のような美味しいお米ではないので、あまり食べたくはない。

ただそんなこのイナサルというチェーンにも、唯一美味しいメニューがある。

それがハロハロ。

30円ほど足すとアイスクリームも乗せることができて、すべてフルで頼むのが私の一番好きなパターン。

フィリピンにやってきて初めて食べたハロハロというのは、スコールが降ってきたので雨宿りをしながらこのイナサルで食べたものだった。

それ以降いくつかの店で食べたが、例えばグリーンベルトの中に入っているフィリピン料理店で食べたハロハロというのは、口が狭く背の高い細長いグラスに入っていた。

そして上の方の白く濁った氷は全く味がせずに不思議だと思っていたら、下の方と混ぜて食べるようになっていた。

つまり上の方はただの氷でほとんど味がついておらず、下の方と混ぜていくと甘味が出てくるというものだった。

そう言われてみるとどおりでとても細長いスプーンが付いていたので、最初から下までかき混ぜることができるようになっていた。

このハロハロというのは、常に夏のような気候の暑いフィリピンではありがたい涼しい食べ物で、簡単に甘味を補給することができる。

そういえば、私が住んでいるコンドミニアムのオーナーが勧めていたのは、UCCカフェのハロハロ。

日本でもUCCといえばおなじみだが、フィリピンにおいてはカフェを展開している。

そこのハロハロが一番だというのが、オーナー(つまり日本でいう大家)の意見だった。

実はまだ機会がないのでUCCカフェのハロハロは試したことがない。

たまに近くを通りかかることがあるので、今度改めて行ってみようかと思う。

このオーナーがとても気を遣ってくれて、入居してしばらくしてから食事に誘ってフィリピンのことを色々教えてくれたり、あるいは何か足りないものがないかと時々連絡をくれてこちらの様子を聞いてくれたり等、そういった気遣いをしてくれる。

これはフィリピンの中でもかなり特殊なことらしく、良いオーナーに巡り会えてよかったと思う。

ちなみにこのオーナーはフェデラルランドというデベロッパーの社員で自社で取り扱っている物件を初めて購入して、そこの借主になったのが私だったという話だった。

他にもマニラだとRazon'sやMilky-way、パラニャーケ市にあるConti'sと有名店が色々あるので、マニラを訪れた時には時間が許す限りで訪れてみてはいかがだろう。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ