フィリピンの大手企業ベスト5


フィリピンの場合貧富の差が激しいので、上位層に関して言えば、日本のお金持ちよりもむしろ資産を持っていると言われている。

具体的に言うと、個人で億ではなく兆単位の資産を持っている人もいるという話。

では、実際の企業としては、どのような会社が特に資産総額が大きいのか、その総資産で1位から5位までランキングをしてみた。

まず第1位はサンミゲル。

こちらはビール会社で、サンミゲル・ライトであるとか、サンミゲル・ドラフト等のビールを、フィリピンではコンビニでもよく見かける。

セブンイレブンで購入した場合であれば、ビール一本で約70ペソ程度。居酒屋でも大体70ペソから購入することができる。

第2位はBPI。

これは、金融機関で、フィリピンの中でも最大手となる。

実際街を歩いていても、このBPIの看板というのはよく見かける。

赤字に白文字にBPIという文字を、マカティを歩いていると頻繁に見かけることがあるので、薄々ここが大きな銀行であることは感じていたが、銀行の中でも最大手ということだった。

そして第3位はメトロバンク。

こちらも名前の通り銀行の中でも大手のところとなる。

私が永住ビザを取るために、仕事を依頼したエージェントによると、このメトロバンクも推奨する銀行の1つという話だった。

続いて第4位はシューマート。

こちらは小売業で、日本でいうダイエーであるとかイトーヨーカドーのような存在。

元々はその名前のとおり靴屋から始まったらしく、それが今では大手のデパートチェーンとなっている。

例えばモールオブエイジアというアジア最大級のショッピングモールがあるが、これもシューマートの傘下。

マカティに関して言えば、グロリエッタの隣にもシューマートがある。

第5位に入ってきたのは、アヤラ。

こちらはもはや事実上の財閥となっていて、生命保険や損害保険、不動産開発、食品、通信、水道、あるいは農業等々、こういったことも手広く行っている。

特にアヤラの名前を多く聞くのは、不動産関係の話。

私が住んでいるコンドミニアムは、フェデラル・ランドという、こちらも大手の不動産業者だが、アヤラというのはそれ以上に大きなところ。

まさにフィリピンを代表する企業といえる。

これ以外には、ベスト5には漏れたものの、大きな企業というのはどのようなものがあるかというと、例えばPLDTという通信会社。

この会社は私も自宅でのインターネットで使用している。

そして第7位がメラルコという電力会社。

ここも私のコンドミニアムで使っている電力会社で、フィリピンの中でも最大の配電会社として名前が知られている。

こういった会社がフィリピンにはあって、ではどの程度の総資産があるのかというと、第1位のサン・ミゲルであれば251億ドル、これはフィリピンペソではなくUSドルの話。

第2位のBPIの場合であれば、239億ドル。

第3位のメトロバンクが217億ドル。

第4位のシューマートが136億ドル。

第5位のアヤラで119億ドルとなっている。

アヤラは、マカティのグリーンベルトやセブのメトロ・アヤラ・センターを開発したことでも知られているし、個人的にはメトロ・アヤラ・センターのMapleやMooonCafe、Ulli’sはお気に入りのレストラン。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ