留学のメリットは薄れているのかもしれない


海外に留学するということは、私が10代の頃にはとても勇気のいる決断だった。

私自身は全く外国に興味がなかったので、留学を考えたことすらもない。

中学のときには学校の制度としてオーストラリアにホームステイをするというチャンスもあった。

男女1名ずつだったが、私はこれにも応募をしなかったし、当時の生徒会長たちがオーストラリアまで行ってきた。

それから15年ほど経って、今現在では私自身が海外移住者としてフィリピンに住んでいるのだが、一度も留学というものは経験したことがない。

あくまでも生活の場がたまたま外国であるというだけで、そこで何か学ぼうとか学校に通うとかあるいは就労しようという意志は微塵もない。

自分自身でビジネスを持っているので、そういった他人の組織に入って生きていくということ自体を考えていないので、今後もそういったことをする予定はない。

フィリピンにも語学留学をしている人は多いし、これは日本人の場合でも同じこと。

ただその効果が高いのかといえばそれには疑問を感じる。

フィリピンがネイティブの英語を話す国ではないからという意味ではなくて、例えばカナダであるとかアメリカのようなネイティブの国であっても同じ。

というのも、スカイプ英会話のように安い価格で英会話ができるようになっている昨今として、わざわざ現地に行く意味がどれだけあるのかは疑問。

これは、英語を学びたいという目的に特化して留学している人の場合で、もちろん他の目的で現地の学校に通っているのであれば別。

例えば、私の友人にデザインを学ぶためにイタリアに行った人がいる。

こういった場合であれば、それなりに留学をする価値はあると思う。

本場で学んできたという自信もつくし、それは実績として箔が付くことにもなる。

もし仮にその後独立してビジネスをしていく場合、本場イタリアでデザインを学んだとか本場フランスでピアノを学んだという実績があるのであれば、それはブランディングにも使える。

もちろん実際にレベルの高い生徒たちに囲まれ、ライバルとして競い合って、そして優秀な指導者につくというのは、それ自体もとても大きな価値を持っている。

ただそうは言っても、単なる語学留学のような形で海外に行くのであれば、はっきり言えば大して役には立たないと感じている。

それを行ったところで、今後の人生の中で、どのような武器になるのか、その点が曖昧と言わざるを得ない。

しばらく海外に住んでみたくらいでは国際感覚なんて大して養われるものでもないし、異文化コミュニケーションというのも実際行ってみると大したことはない。

しかも仕事をしない世代との交流になるので、現地でビジネスをしていく上でどういったことが支障になるのか、あるいは何に気をつけてやっていかなくてはいけないかということもわからない。

そうなってくると、生きていく上で一体何の役に立つのかという面で見た時に、留学の効用というのは疑問に思わざるを得ない。

あくまでも旅行の延長のような形で考えるのであればそれは私も賛成する。

実際に海外で生活するというのは非常に楽しいし、刺激に満ちているのも事実。

しかしそれだけで人生の道が開けると思ったら大きな間違いで、それはサラリーマンがどうでもいいような資格を取って未来が保証されていると思っているのと同じように危険なこと。

例えば営業職のサラリーマンが簿記や法律系の資格を取ったところで履歴書に書けるものが増えるだけで、現実問題として使える道具にはならない。

留学というのもそれと同じように、自己満足のためだけに行っている人が多いのではないかと思うし、明確なビジョンがない限りは人生を変えるほどのきっかけになることは少ないと思う。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ