フィリピンのコンドミニアムの警備事情


私が住んでいるフィリピンのマニラにあるコンドミニアムの警備の状態についてお話したいと思う。

ここは新築であったこともあって、私が入居した当初と今では少しだけ事情が変わっている。

というのも、当初はエレベーターが誰でもどこの階にでも止まれたのが、私が入居してから3カ月ほど経った段階で、エレベーターカードというものが渡された。

このカードはクレジットカードと同じぐらいの大きさのカードで、これをエレベーターの中のタッチする部分にかざさないとエレベーターが動かない。

しかもカードごとに止まる階というのが決まっていて、自分が住んでいる階と、プールがある階の2つにしか止まらないようになったいる。

警備に観点から見る限りは非常に優れたシステムだが、両手がふさがっているときにエレベーターに乗るときは面倒な思いをしたこともある。

ではそれ以外に警備の状況はどうなっているのかというと、まずフロントが1つにしぼられている。入口は1か所しかなくそこには常時警備員がいる。

24時間体制で複数の警備員がいるので、ここを通過することができない。

警備員はすべての住人の顔を覚えていて、新しい警備員が入ってくると紹介してきたりもする。

こういったこともあるので、元々治安の良い地域ということもあるが、非常に安心して住むことができている。

私が住んでいるのはマニラの中でも治安が良い、マカティエリアという中のレガスピという場所になる。

ここら辺一帯自体がほとんど犯罪というものが行われていないし、日本と同レベルで安心して暮らすことはできるような治安を達成している。

それに加えてこれだけの警備体制が敷かれているので、フィリピンという国の危険なイメージとは裏腹にとても安心して暮らすことができている。

さらに言うと、各階にはビデオカメラも設置されているので、何かあればすぐに警備員が飛んでくるようになっている。

かつてマレーシアに住んでいたときにも警備員はいたものの、監視カメラはなかったり、あるいはエレベーターカードというものは存在しなかったりしたので、より厳重な警備体制というのができていることになる。

ちなみにフィリピンの場合、コンビニエンスストアであるとか飲食店であっても警備員が常駐していることが多い。

これはまだまだ治安が良くないからという側面がある一方で、では実際に事件に遭遇することがあるかと言えば、私が住んでいる限りでは全くない。

やはり抑止力として彼らの存在が働いているのだろうと思う。

初めて見たときにはびっくりしたものの、移住して実際に生活していると、そういった警備員の存在にも慣れて、全く気にしないで過ごすことができるようになった。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ