イタリアの治安が悪いという噂を斬る。主要都市の危険地域を分析




どうもイタリアは治安が悪いという噂を時々聞くが、
一通り主要都市を見て回った結果としては、
納得できる部分とそうではない部分がある。

私がこれまで訪れたのは、
ミラノ、ベネツィア、ローマ、フィレンツェ、ナポリがメインで、
他にも小さな街だとアッシジ、ピサ、トリエステ、ペルージャがある。

その結果、確かにイタリアには他の国に比べて
多少独特な特徴があることは感じた。


一言で言えば、
うさんくさい人物が近づいてくる頻度の高さ。

単なる偶然では済まされないレベルで寄ってくる。

中にはバスや鉄道を降りるところを見計らい、
親切のように見せかけて荷物を下ろすのを手伝い、
半強制的にチップを要求する手口も。


ちなみに、これに近いことは
ブルガリアの首都、ソフィアでも遭遇した。

長距離鉄道を使ってプロブディフに移動する際、
駅で係員らしいカードを首から下げたおじさんがやってきて、
「どこに行くんだ?」と英語で聞いてきた。

プロブディフだと答えると、
別に道に迷っていたわけでもないのになぜか先導して歩き始め、
車両の中にまで入ってきてチップを要求してきた。

どっかりと向かいの席にまで座ってきたので
面倒になって相手の言い値の半分を払うことにしたが、
本当に職員なのかどうかは不明。

偽物な気もする。


その時に感じたのは、
「ブルガリアってイタリアみたいな手口を使うな」ということ。

どちらかと言えば、
ブルガリアのほうが治安が悪い印象があるが、
経済力を考えれば自然なことではある。

貧しい国の方が金銭目的の犯罪に走る人は増えるだろう。



問題は、こんな手口で近づいてきた人物がいた時、
真っ先に思い浮かぶのがイタリアということ。

特にローマやフィレンツェ、ミラノのような大都市は
あやしい人物が声をかけてくることが多かった。


ペルージャでは、
スーツケースを引きずりながら歩いていたら、
車を横付けした男が「乗れよ」と車内を指差してきたが、
もちろん固辞した。

純粋な善意という可能性も否定はできないが、
近くまで送ってもらえるというメリットと、
犯罪に巻き込まれるリスクでは釣り合いが取れない。

その時のスーツケースは大きなものだったので、
車にのせるならトランクに入れるしかなく、
持ち逃げされるリスクもある。

イタリアにも慣れ始めた頃だったので、
反射的にノーと答えていた。

妙に誘いがしつこかったのを見て
どうやら善意だけではなさそうだと思い、
いちいち揉めずに去ってくれることだけを願っていた。


女性旅行者であれば
ナンパ目的の男もいれば、
犯罪目的の男も寄ってくるだろうし、
両方を考えている男もいるので
なおさら大変だと思う。

こうしてイタリアは天地人で言うと
天地には恵まれていても、
人の部分に難を抱えている印象も少なからず残った。


ただし、凶悪犯罪が多いかというと、
特に周辺諸国に比べて危険を感じるわけではなかった。

あくまで軽微な犯罪がメイン。

世界平和度指数を見ても、
36位とまずまずの順位。

ただし、危険で知られるブカレストを首都に持つルーマニアが
32位とイタリアよりも高順位なのは
負の側面を暗示するかのよう。

また、イタリアに次ぐ37位は
先程も話に出てきたブルガリア。

ちなみに、ブルガリアのプロブディフでは
ホテルのポーターにパソコンを盗まれた。

4つ星ホテルでもこの有様の国。

それらの国に挟まれた順位となると、
やはり気を抜けない国ということになる。



ヨーロッパの大都市は治安悪化の傾向に


ただし、クロアチアやスロベニアのような
近隣の経済力が強くない国だけではなく、
ドイツ・フランスといった大国も治安が悪化している中、
イタリアがヨーロッパの中で特別に危険とは感じない。

残念なことに、
ヨーロッパの大都市、たとえばフランクフルトやロンドン、
パリ、マドリッド等は軒並み犯罪がそれなりに多く、
日本に比べれば治安が悪い。


世界的に見ても、
もはや先進国と新興国の間に
分かりやすい危険度の違いがあるわけではない。

たとえばイメージの悪いフィリピンでも、
マカティやセブはナポリよりもよほど安全だった。

これは実際に住んでみて肌で感じたところ。


バンコクとミラノを比べても、
大差はないがバンコクの方が
いくらか安心感が強いように感じる。

イタリア以外に目を移しても、
ロンドンよりバンコクの方が安全だろう。


そう考えると、
イタリアの治安が悪いとは一概には言えない。

ただし、安心できる国とは言いがたいし、
ナポリのように街の空気に敏感になった方がいい場所もある。



街ごとの危険地域


外国人が通って大丈夫な道かどうかについては、
不慣れな場合は疑心暗鬼なぐらいがいいだろう。

薄暗い道や人通りの少ない道、
周辺の建物が荒れている場所を避けるのは基本。

ナポリの中でもスカンピアのように
立ち入ること自体危険とされる場所もあるが、
トレド通りやスパッカ・ナポリ、フォルチェッラ地区は
時間帯によって危険度が大きく変わってくる。


以前にセブで強盗にあった日本人女性の話を聞いたが、
どう見ても外国人が歩くような道ではないところを
夜に女性一人で歩いていたところを襲われたとのこと。

その道は私も知っていたが、
近くには明るくて安全な道がある場所だった。

これはナポリやイタリアの場合も同様で、
安心して歩ける場所を選ぶことは外国人として必須。

治安の悪い街になるほど、
その基準は厳しくしていく必要がある。


たとえば、ベネツィアにいる時よりも
ナポリ滞在中は厳しい目での選択が求められる。

ベネツィアはイタリアの主要都市の中でも安全な街だが、
逆にナポリは悪名高い街。

「ナポリを見て死ね」という言葉もあるほど、
見どころがある街なのは間違いない。

しかし、ベネツィアはもちろん、
ローマやフィレンツェと比べても
犯罪率の高い街として知られている。


他の主要都市に目を向けると、
ミラノではドゥオーモ広場やカステッロ広場近くにて
無料のふれこみでミサンガを巻きつけられ、
その後チップを強要される手口が見られる。

また、ミラノの地下鉄や中央駅、カドルナ駅はスリに要注意。


メディチ家の統治の雰囲気が残るフィレンツェの場合、
サンタ・マリア・ノヴェッラ駅で
自販機を操作していると勝手に説明をはじめて、
チップをしつこく要求してくるケースが報告されている。

大きな荷物を持っている時は機動性に欠けるし、
複数の荷物があると意識も分散されて
スリや置き引きへの対処も遅れがち。


コロッセオやトレビの泉、スペイン広場等で知られるローマでは、
テルミニ駅周辺が移民の影響を受けたエリアになっている。

アフリカ系やイスラム系の住民が多く、
特に夜になるとピリピリした空気が漂う。

同様の傾向はミュンヘンの中央駅等にも見られ、
イタリアに特有の減少ではない。


こうした街ごとの傾向を知っておけば
避けられる被害もあるし、
特に夜に出歩く際は注意が必要。

道端のゴミや落書きが増えてきたりしたら、
即刻立ち去った方が安心。


なお、イタリアでの緊急時の連絡先は以下の通り。

警察:113
救急車:118
在イタリア日本国大使館:06-487-3316



秘密の話

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ