電子書籍プレゼント

ケルン大聖堂に照明を当てたらすごいことに


ケルン大聖堂に行ってから、もう何年もたつ。

7、8年だろうか。

アムステルダムからケルンに行くために東に移動し、
3時間ほど大聖堂やライン川、ホーエンツォレルン橋等を見て、
ご当地ビールのケルシュを飲み、
その日のうちにパリに向かって今度は西へ。

この時は、ルートヴィヒ美術館は時間の関係で飛ばし、
この点は少々心残りだった。


そんなケルン大聖堂でこんなイベントが。




独特な照明を当てることによって、
内部がより神秘的になっている。

これは常にやっているわけではないようだが、
また見に行きたくなってしまった。



私の場合、ヨーロッパ行きには2つの選択肢がある。

1つは単純に旅行に行く方法。

もう1つは住む方法。



長距離のフライトは体にも負担がかかるので、
できれば避けたい。

アジアとヨーロッパの間の往復は最小限にしたいので、
そうなるとドイツに行くなら他の国にもついでに行きたいし、
1週間や2週間で終わりそうにはない。

旅行に行くにしても、月単位になる。



それ以前の問題として、
来年辺りにヨーロッパに住むのなら
その時に行けばいい気がする。

問題は、ヨーロッパ各国のビザ事情。

取得のハードルが高い上に、
手続きも面倒なものが多いために見送りになる可能性が。

来年に住む場所が決まると、
旅行先も決まってくるので助かるのだが・・・


マレーシアやフィリピンの移住が簡単だったのは
やはりビザの面がゆるいから。

その価値を改めて感じる。



【追記】
先日、フランクフルトとニュルンベルクに行ってきた。

どちらも素晴らしい街だったし、
特にニュルンベルクは自然豊かで住みやすそうな印象を受けた。

城塞都市であるのもいい。


それこそビザさえ手に入れば、
1年スパン、もしくは寒さの厳しい冬を除いた機関で生活してみたい。

ケルンも良かったが、ニュルンベルクはより価値を感じた。


ただし、ドイツは街によっては治安悪化が指摘されるし、
それは現地在住の人と話していても感じた。

ケルンについても例外ではないということで、
世界の動向が安定しない中では
常に選択を修正したり、撤回できる柔軟さが
鍵となることをまざまざと見せつけられる気分。



伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ