フィリピンの水事情。水道水を飲まないだけでは危険




フィリピンでは水道水を飲めないが、
これはマニラでもセブでもダバオでも共通の事情。

沸騰させてもリスクが高いので、
原則として水道水は飲まない方がいいし、
用心深い人は料理にもミネラルウォーターを使っている。

とは言え、レストランでも
そこまで気を使っていないところは多いし、
マクタン島の南側に位置する某5つ星ホテルでも
朝食の生野菜で当たったと思われ、
下痢になってしまった人の話もちらほら聞く。

おそらく野菜を洗った水が原因ではないかと思われるが、
5つ星ホテルでもこうしたことは起こる。

まして、屋台の水や氷は危険。

フィリピンの屋台は衛生的とは言い難いので、
お腹が弱い人にはおすすめできない。

もしシシグやレチョン、カレカレ、アドボのような
フィリピン料理を食べたいのであれば、
屋台ではなくきれいな店で食べる方が安心できる。

特に旅行で来ている場合には、
ただでさえ環境の変化や移動で身体に負担がかかっているし、
限られた時間を腹痛で寝込んで過ごすのも惜しい。

ということで、
店選びの際には衛生面も気をつけておきたい。

屋台よりはショッピングモールのフードコートのほうが安全だし、
きちんとしたレストランならさらに安全度が増す。

もちろん価格も段階的に上がっていくが、
安全を買うと考えれば無駄な出費ではない。


なお、フィリピンの水道水は硬水だが、
販売されているミネラルウォーターは軟水のものも。

スーパーやコンビニでよく見かけるブランドだと、
Nature Spring、SUMMIT、Absolteは軟水。



一方、VIVA!は硬水だし、
海外ブランドのevianはもちろん硬水。




軟水と硬水は料理によっても
こだわる人は使い分けるし、
体質に合うかどうかという問題もある。

一般論として言えば、
日本は軟水の地域が大半なので
軟水のミネラルウォーターを選んでおけば無難だろう。

とは言え、
個人的にはVIVA!も買うことがあるが、
特にお腹がゆるくなったりはしない。

あまりミネラルウォーターの硬度にはこだわらずに飲んでいる。


私の場合はマニラとセブに住んだが、
マニラではウォーターサーバーを設置してもらった。

新築のコンドミニアムだったので、
まだ家電が完全には揃っていない状態で内見をして、
入居前に電子レンジを設置する予定ということだったので
ウォーターサーバーに変更してもらった。

となると、ウォーターサーバーの補充用の水を
業者に注文することになる。

私が住んだマカティには
歩いているだけでいくつも業者が見つかる。

そこに直接飛び込みで入ってみたり、
電話番号を控えて連絡することになるが、
何しろ時間通りに水が届かない。

1時間遅れるといった話ではなくて、
業者によっては3回に1回ぐらいしか届かない。

残り2回はなかったことにされていて、
翌日になっても届かない。

しかも、ウォーターサーバーが空になると、
飲み水がなくなってしまう。

こんなことが続き、
結局コンドミニアムの近くのコンビニで買うようになった。

ちなみに、フィリピンではセブンイレブンやミニストップが多いが、
マカティのコンドミニアムの近くにはファミリーマートが
新しく進出してきた。

届くかどうかもわからないウォーターサーバーの水を待つよりは、
日々自分でコンビニで買うほうが気楽なので、
結局途中からウォーターサーバーは無用の長物に。

フィリピンらしいといえば、
たしかにその通りな話だった。



大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス




よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ