マニラから日本へ郵便を出してみた


投資関係の書類を日本に送ることになり、
マニラから郵便を出すことになった。

近くに大きな郵便局もあるものの、
他に用事もない中途半端な位置にあるため、
グリーンベルトというショッピングモールの中にある「mail」と書かれた
それらしい店に持って行ってみた。




ひとまず日本行きの宛先と自分の住所を書き、
A4サイズの封筒を出したら問題なく受領された。

金額は109ペソ。

日本円で約250円ということになる。



通常郵便と速達があったので、
今回は通常で送っておいた。


それだけであっさり手続きが終了で、
手書きの領収書をもらった。

反射的に近くのゴミ箱に領収書を捨てそうになったが、
到着が確認できるまでは持っておいた方がいい模様。


フィリピンの郵便の精度はそこまで高くなく、
同封しているお金を局員が抜くという話も聞く。

書類が入っているだけなので問題ないとは思うが、
一応郵送した証拠は持っておいた方がいいのではないかと。



ということで捨てかけた領収書をポケットに戻して、
ついでに美容院で髪を切ってもらった。




マニラの高級ショッピングモール、グリーンベルトの中の
美容院でカットしてもらっても1200円。

さすがに人件費が大きな業種は極端に価格が安いし、
その部分ではフィリピンの生活費は安くなる。

先進国と変わらないきれいな店内で、
もちろんシャンプー等もしっかりしてもらって
この金額なので。


カットが終わった後は首元が少しチクチクしたが、
同じくグリーンベルトのYakimixで焼肉を食べてきた。

ここは肉ばかりではなく、スイーツも充実している。

以前にフェデラルランドというデベロッパーで
バイスマネージャーをしている人に連れて行ってもらった店でもある。


今回の郵便は無事に届いたらしく、
手続きが順調に前進した。



本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ