マニラからロンドンまで15時間のフライト




マニラでフィリピン航空の飛行機に乗って、ロンドンに飛んだところ、直行便でありながらも15時間という長時間のフライトになった。

だいたい1万1千キロ以上移動したということになるらしい。

日本よりも南にあるフィリピンから、日本の北海道と同じぐらいの緯度のロンドンまで行くことになるので、かなり斜めに飛ばなければならない。

そのため、どうやら日本から行くよりも、かえって距離が長くなったらしく、2時間から3時間ぐらい移動時間というのが長くなった。

おそらく、今回の世界一周の中でも、今回のフライトが一番長時間になるのではないかと思う。

当然ながら15時間のフライトということになると、かなり窮屈な思いをしなければいけないのではないかと思ったものの、そのセクターの中で一番後ろの席で4人掛けのシートを独占できたため、足を伸ばして寝ることもできたし、それなりに快適だった。

但し、最近はLCCでの短距離の旅ばかりをしていたので、こういった長距離のナショナル航空の場合、機内食が出ることをすっかり忘れていて、空港で食料を買い込んでしまっていた。

そう思ったら、朝食からすぐに提供され始めて、その時に機内食が出るので、わざわざ空港で買う必要がないことに気付いた。

この提供される食事の内容というのも、一般的な機内食として、日本の航空会社と比べても、特に劣っているという感じはしない。

フィリピン航空ということで、米が恐ろしく不味いのではないかと思ったものの、意外にそうでもなかった。

機内食として考えてみると、日本の航空会社と、大差ないのではないかとすら思ってしまう。

更に言うと、フィリピンの大手スイーツ系のチェーンであるゴールディクスと提携しているらしく、毎食必ずデザートも出るので、それなりの印象はあった。

結局朝7時に出発をして、午後の3時に到着するということだったが、時差がフィリピンとロンドンでは7時間あるので、途中から時間が何がなんだかわからなくなっていた。

結局、提供された食事は3食あって、それぞれにボリュームもあったし、空港で買ったホットドックやサンドイッチを食べる余裕はなく、結局ロンドンまで持ち込むことになってしまった。

途中映画があったので、映画でも見ようかと思って、300スリーハンドレッドを付けようと思ったところ、結局ゲームをしてしまい、寝たりゲームをしたりしてる間に到着した。

寝てばかりいたとはいえ、やはりかなり体は疲労していたらしく、いつも以上にホテルに行く前の荷物というのは、重く感じた。

ロンドンの場合、ヒースロー空港からピカデリーラインで移動することができるので、その点はよかったものの、グロスターロードというホテルの最寄り駅が、なんと閉まっているということで、隣りにあるアールズコートという駅からわざわざ歩くことになってしまった。

更に言うと、ホテルの名前がパゴダでの表記と違っていたため、なかなか見つけることができず、ただでさえ長距離移動の後にかなり体にこたえる結果になってしまった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ