ペナンのボタニカルガーデンで田舎暮らしをしたいと思った


イポーからペナンという街にやって来て、今日はボタニカルガーデンという国立公園にやってきた。

ここはとても静かな場所で、基本的にそれほど人もいないし、自然が広がっている。

ちょっとした川や滝もあるし、山の中に入って行く小道もあるので、ペナンの中にあっては比較的涼しく、そして静かな場所ということになる。

鳥の鳴き声とか、虫の羽根の音を聞きながらのんびりとすることが出来て、尚且つ直射日光がない上に、緑がある程度までは熱を吸収してくれるので、比較的過ごしやすい。

こういった場所が日常的にあるということは非常に素晴らしいことだと思うし、過ごしやすいのではないかと感じた。

特にこれまでの一年間というのはマニラで暮らしていたので、緑に接する機会というのが非常に少なく、一部の公園に行かない限りは緑の恩恵を受けるということは全くなかった。

そういった場所で暮らしていたからこそ、こういった自然のありがたさということを感じたし、日常的に緑との触れ合いを持てて、尚且つ空気がきれいな場所で暮らせるというのは一つの理想的な形ではないかということを思うに至った。

しかしながら、考えてみると四季のある国の場合、必ず秋や冬という季節があるし春や夏ばかりではない。

特に冬の時期になればどうしたって葉は散ってしまうわけだし、緑というものは減ってしまう。

それはそれで情緒があるので別に良いとは思うが、過ごしやすさということを考えると、年中気候が安定しないというのはかなり面倒な要素になる。

実際問題としてペナンも常に暑すぎる状態なので、いくら緑が多いとはいえ、こういった場所では理想の暮らしをするには難しいだろうということを感じている。

そういった意味で言うと、季節を選びながら場所を転々として暮らしていくのが理想な気もするが、それはそれで色々と困難もある。

なにしろ理想の時期を選んで移動するということは、それなりに各地域の季節であるとか状況というのを知っていなければいけない。

尚且つ同じ場所ばかりでは飽きるということであれば、様々な場所を検討する必要もあるので、こうなってくると膨大な経験則が求められる。

そう考えてみるとあまり理想というものにこだわらない方が良いのではないかという気もしてきた。

そもそもいくら田舎に住んだところで移動手段は車やバイクになるわけだし、そうなれば排気ガスと無縁の生活をすることは出来ない。

自分自身も排気ガスを排出する側になってしまうわけだし、あるいは公共機関のバス等を使ったところで、そういった乗り物が乗り入れていること自体が、環境を破壊しているという状況でもあるわけなので、完璧な調和のとれた空間というのは存在しないと思っておいたほうが良い。

そんなことを思いながらも、ボタニカルガーデンの中でのんびりと安らいでいたら、大都会で暮らすことの弊害ということを考えさせられてしまった。

都会の利便性は手放しがたいものがあるし、特に自炊をしないという場合にはある程度外食のレパートリーがないと日々が苦しくなる。

そういったこともあるので、田舎暮らしというのは難しいところもあるものの、一つの理想の形ではあるのではないかと思う。


プロフィール
プロフィール
伊田武蔵
最近の記事
記事一覧

ページの先頭へ