フィリピン生活の終わりが見えてきた




あと2ヶ月でマカティのコンドミニアムの賃貸契約も終わるし、
その後はフィリピンをひとまず去る予定。

永住権も取るので、いずれは再び住むことになりそうだが、
当面は他の国を転々としようかと。



よく誤解を受けるが、
別に永住権を取ってもフィリピンに住み着くわけではないし、
まして国籍が変わることはない。

あくまでも、自由に住める権利を確保出来るだけ。



マレーシアでもMM2H(リタイアメントビザ)を取ったが、
別に住んでいるわけではない。

むしろ取得できた途端にマレーシアを出国した。



今回も似たようなパターンになるか、
コンドミニアムの契約終了の方がビザ取得より先になり、
一度出国してから手続きで戻ってくることになりそう。

何にしても、
快適だったマカティでの生活はそろそろ終わり。

いつの間にか、残すところも短くなってきた。



とは言え、まだ2ヶ月も残っているとフィリピン生活が
終わる実感はいまいち湧かない。

どこかで先の話な気がしている。


マレーシアの時も同様で、最後の一週間だけ
ビザの取得やマラッカ観光に行ったり、
隣町のシンガポールでHSBCの口座開設をしたりで
バタバタ過ごしていた。

ひょっとしたら、今回も同じパターンになるような気が・・・。



人間の(というより私の)学習能力には限界がある。

1年もたてば、すっかり忘れてしまうもの。

フィリピンを離れる日が近づいてきたところで、
急にあわて始める光景が目に浮かぶ。



ただ、フィリピンはちょくちょく立ち寄りそうだし、
その意味では焦らなくていいのかもしれない。

住む以外に、旅行で来る機会は少なくなさそうなので。


永住権取得後なら滞在日数の制限もないし、
観光ビザの期限を気にすることもなくなる。

まずはその点を早くクリアしておきたい。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ