ラオスへの移住はありか?首都ビエンチャンで考えてみた




ラオスに旅行に行ってみて、この国がかなり気に入った。

今後の移住対象としてどうかと思い、色々考えてみた。

まず、候補となるのは首都のビエンチャンと
さらに北上した場所にある世界遺産のルアンパバーン。



ビエンチャンはラオスの中では最大の都市だが、
東南アジアの中でものどかな雰囲気がただよう。

ビルの高さは低く、
どこかの地方都市のような雰囲気をかもしだしていた。

バンコクやマニラ、クアラルンプール、ジャカルタのように
先進国並みの高層ビルが立ち並ぶ風景とは無縁。

ルアンパバーンに行くときに使った空港にしても、
首都とは思えないような小ささだった。


ビエンチャンに移住することを考えた場合、
そこそこの利便性はありそうなものの、
中途半端な感じはする。

これといって大きなメリットが感じられない。

ラオスにはLCC(格安航空会社)も乗り入れていないので、
各国に旅行に行くのもコストが高く付く。



ラオスに移住するにしても、
ビエンチャンはいまいち魅力にかけそうだ。

決定的な弱点はないのだが、
かといって動機にも欠ける。

強いて長所を挙げれば、
比較的交通量が少なく自転車での移動がしやすいこと。

車を使わずに生活するにしても、
タクシーに依存しないで暮らせそうな感じはした。

ちなみに、電車はない。



ビエンチャンはいまいちだったが、
ラオスで私が気に入ったのはルアンパバーン。

ここは本当に癒される。

決定的な何かがあるわけではないのだが、
人がとにかく穏やか。

そして雄大なメコン川があり、丘があり、
外国人向けのレストランもある。

観光客のために洗練された田舎といったらいいだろうか。

のんびり過ごすのに最適な場所だ。



ここで暮らすのも悪くないのではないか、
むしろ素晴らしい場所ではないかとも思ったが、
ルアンパバーンも移住先としては問題があった。

ここは余計なものが何もないのが強み。

たしかに癒されるにはいいのだが、
生活するには利便性が低い。

手に入る物も限られてしまう。


ルアンパバーンで生活するとしたら、
単調すぎて1ヶ月しないうちに飽きてしまうだろう。

ネット環境はいいので、
ひたすら仕事をする以外にない環境のような。

修行期間に住む場所としてはいい気がするが、
今はちょっと・・・。

そこまでストイックな気持ちでもないので。




ということで、ラオスは移住にはいまいちという結論に。

1年から2年に1回ぐらい、
ルアンパバーンを訪れて1週間ぐらいのんびりするのが
一番いいのではないかと感じる。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ