電子書籍プレゼント

オーストラリア・ニュージーランドへの移住は現実的か?



海外移住先としてオーストラリア・ニュージーランドは
今でも人気のある国。

オセアニアのこれらの国の場合、
この数年でビザ取得が大きく難しくなり、
オーストラリアにいたっては日本人が銀行口座を開設するのすら
断られたりといった現実が発生している。

この2つの国のイメージに引っ張られて
移住にあこがれている人も少なくないが、
実際はもはや簡単に住める国ではなくなっている。

投資家退職者ビザを取る場合なら、以下が条件。

・55歳以上

・75万ドル(約7500万円)以上の資産証明

・年収証明=年金など年収6万5000ドル(650万円)以上

・スポンサーになる州債への75万ドル以上の投資

・オーストラリア州政府・準政府によりスポンサーされており、
 居住を希望する州・準政府により承認された
 Form1249がビザ申請時に必要

・配偶者以外の扶養家族の同行は不可




55歳未満で永住権を取得するには、以下が条件。

・資産1億8000万円以上

・7000万円以上の債券投資

・優良な事業歴・投資歴



どちらを見ても、
日本人でも一般的な資産規模では移住は不可。

もはやオーストラリアは
富裕層以外の外国人は来てほしくないというのが本音。


もはや簡単にオーストラリア移住することができる時代ではない。


この国にどんな魅力があろうと、
それはもはや片思いでしかなくなってしまっている。




では、ニュージーランドはどうか?

現地で就労する技術系永住ビザや
起業家ビザがあるものの、
ハードルは高くなっている。

そもそも、現地での就労や起業が条件なので、
ただ移住したいという人には不向き。

しかも、その条件も曖昧で実際にやってみないと
申請が通るかどうかすら不透明・・・。




多くの先進国がそうであるように、
もはやオーストラリアとニュージーランドも
簡単に移住者を受け入れる国ではなくなった。

仮に憧れを持ったとしても、容易に住める国ではない。

私もオーストラリアに1年ほど住んでみようかと思ったのだが、
こうしたビザの現状を知って断念した。

行きたければ旅行で行けばいいだけの話だし、
もはや住む国としての魅力は失われてしまっている。



長期的に見たオセアニアの魅力

オーストラリアの投資家退職者ビザや永住権はハードルが高く、
ニュージーランドも同様の傾向にある。

ただし、オセアニアには大きな魅力がある。

自然豊かな環境や
オーガニックの食材にこだわれる環境は
一般的に言われるところ。

たしかにこういった部分はある。


とは言え、それだけならオセアニアにこだわる必要はない。

一方、アジアにも北米にもヨーロッパにもない、
さらには中東やアフリカにもない長所として、
オセアニアは世界の主だった紛争リスクから
切り離されていることが挙げられる。

主要国はオーストラリアとニュージーランドだけで、
アメリカやカナダ、ヨーロッパ主要国のように
世界的な存在感はそこまで強くない。

おかげで大規模なテロのリスクも限定的で、
戦争・紛争の舞台となる可能性が低い。

覇権主義を隠さない中国や
北朝鮮のようなリスクがあるアジアと比べても、
安定した地域。

そういった意味で、
動乱の際の避難先としてオセアニアは有望だし、
実際に欧米圏の富豪が
続々ニュージーランドに土地を買っているという話も。

こういった意味でのオセアニアの価値は揺らぎそうな気配がない。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ