ルーマニア最後の町シビウで現金を引き出した理由




ルーマニアという国は、通過としてユーロを採用しておらず、レイという独自通貨を現在も使っている。

東欧においては、こういったことは多く、ポーランドはズオティだし、ブルガリアはレフ、ハンガリーはフォリント、そしてルーマニアではレイが使われている。

これは一長一短があって、単純な利便性ということで考えると、統一通貨を使った方が国境間でお金をいちいち両替したり、使い切ることを考える必要がなくなる。

その一方で、各国通貨を使うことによって、経済政策をそれぞれの国が打てるということもあるし、それによって金融を緩和したり、引き締めたりすることができるという国の思惑を、反映できるというメリット以外に、統一通貨の基準に引っ張られずに、東欧の物価が安いまま、とどまりやすくなるという副次的な効果もある。

とはいえやはり、いくつもの国を回っていると、どうしても使い切れなかった通貨が中途半端に残ってしまい、それが問題になる。

チェコやポーランドのように、再び訪れることが、確実視される国であれば、できるだけ余分なお金を持たないようにはするものの、残った分については、そのまま保管しとけばいい。

また再訪した時に、その現金を使えばいい話なので、しかしながら、二度と来ないであろう国の場合はそうもいかない。

キャッシュがあっても、それを使う機会がなければ宝の持ち腐れで、それは実質的に資産価値が0に近い。

そうなってくると、早々に両替をする必要に迫られ、ブルガリアのレフに関しても、隣国であるルーマニアの首都ブカレストの両替で、両替商にレイに変えてもらった。

そして、ルーマニアについても、おそらくはもう当面来ることはないであろうことが予想されるので、この国の通貨であるレイについては、極力手持ちがない状態にして、出国したいとは思っていた。

ブカレストにいた時には、早々とこの国を出ることになりそうだと思っていたので、あえてクレジットカードを使わずに、キャッシュを優先して使用するようにしていた。

レストランでの支払いも、クレジットカードかキャッシュかと聞かれて、毎回現金で支払っていたが、その目論見は大きく外れた。

理由は単純で、パソコンの到着が遅れたために、ブカレストでの滞在が長引いたことだが、その後シギショアラやシビウに来て、現金がこのままいくと不足するのではないかという状況に至った。

それでもレストランの支払いを、クレジットカードで行うことができれば、まだ70レイ程度は残っていたので、乗り切れるかと思ったが、シギショアラやシビウで、クレジットカードが使えないというレストランが、いくつか出てきて、どうやらこのままでは、食事にも困る状況になってしまったため、中途半端な金額だとは思いながらも、100レイだけ引き出すことにした。

ATMを使うということは、当然手数料もかかるので、小さな金額を引き出すというのは、無駄な出費になる。

とはいえ、カードの使えるレストランを探すのも面倒だし、昨日行って気に入った洞窟のレストランというのも、クレジットカードの読み取りのリーダーが問題を抱えているらしく、今日行ってみても、それが直っていないということだった。

ということで、中途半端な額ではあるが、現金を引き出して、後はできるだけ余らないように、レストランでデザートを頼むとか、そういった形で調整をしようと思う。

幸いなことに、ブタペスト行きのチケットは、もうすでに今日のうちに購入しておいたので、切符代を現金で残しておく必要はない。

その点においては、計算がしやすくなった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ