電子書籍プレゼント

アルゼンチン大使館のホームページに不具合?


ブラジル大使館への問い合わせに続き、南米で移住候補となっているアルゼンチンの大使館にも問い合わせをしようと思い、日本にあるアルゼンチン大使館のホームページにアクセスしてみた。

左上に日本語への切り替えボタンがあるのだが、全然画面が切り替わらない。英語だと一部の文字は英語に変わるが、スペイン語のまま残っているものも多く、何が書いてあるのか全くわからない。

結局、問い合わせ先が分からないので、アルゼンチン大使館への問い合わせは見送ることに。一時的な不具合かもしれないので、とりあえずは何日かしたら再度アクセスしてみた方がいいか。忘れそうな気がヒシヒシと伝わってくるが・・・。

もし住むのならブエノスアイレスが濃厚だが、もしかしたらメンドーサやトレレウ、レシステンシアを選ぶかもしれない。

とりあえず言えるのは、アルゼンチンに移住してもまったくスペイン語を覚えないであろうこと。ブラジルに移住してもポルトガル語は覚えないだろうし、そもそもマレーシアに1年半住んでいても、マレー語はおろか、英語すら話せるようにならない。この状態で暮らせる国ならいいのだが。

とは言え、部屋を借りる手続きなど、限られた場面以外は言葉が分からなくて困ることはほとんどないので、あまり悲観はしていなかったりする。とりあえず、今後の移住先候補の国をいくつかストックしておきたい。

もっとも、南米というのはトリッキーな選択肢というか、王道として考えているわけではない。長期的に見て、こんな選択肢もあったら面白いというぐらいのニュアンス。アルゼンチンにしても、他の移住先候補の各国に比べると、かなり優先順位は落ちることになる。

それにしても、大使館のホームページに不具合があるというのは、初めてのことだった。国の威信の問題もあるので、そのくらいは整備しておいた方がいい気がする。




アルゼンチン視察が見送りに

アルゼンチンを含んだ南米の視察に行く予定もあったのだが、先日見送りになってしまった。というのも、ブラジルに入国する際にはビザが必要で、そのための書類を準備する時間がなかったから。

では、ブラジル以外の国を訪れるのはどうか?

これは効率の悪さから却下した。南米まではアジアから遠いし、何度も足を運ぶのは無駄に体力を消耗する。飛行機も長時間乗っていれば疲れるので。

こうしてブエノスアイレスを直に見る機会は先延ばしされたが、いずれ訪れることにはなるだろう。マレーシアを出た後に住みたい国の候補は複数あるが、南米は上位にランクインしている国はない。焦らずにゆっくり下見に行く機会を待ちたいと思う。



どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、

現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、

自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは

限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、

詳しくは以下の案内をどうぞ。


取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

下見なしでの海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて生活。

その後、各国を周りながら
1年半のホテル暮らしを経験。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザを取得済み。

8カ国に資産分散。

海外を活用しながら
住みたい街に住む生活を実践中。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事