セブのクリスマスは閑散としていた


マニラのクリスマス準備は、9月の後半から始まってていたが、セブはそれよりも1か月近く遅れて街にクリスマスの雰囲気が漂い始めた。

10月末にはハロウィンがあるので、それよりも先にクリスマスツリー等がコンドミニアムのロビーに置かれたりとか、一部の店で、ツリー等の装飾がされたりしていた。

ここら辺は日本人と感覚の違うところで、随分早くから準備する上、クリスマスが終わって新年が明けてもまだ、クリスマスツリーが残っているというのはフィリピン流。

ただし、12月25日当日というのは、意外にも盛り上がらず、マカティーの場合グリーンベルトのレストランの中でも午後8時とか普段よりも早じまいする店が多かった。

どうやら騒ぐのは前日までで、当日にはゆっくりと自宅で家族と過ごすというのが彼らのやり方な模様。

しかしながら当然、独身の人もいるわけだし、クリスマス前後の休暇を見ても、実家が近くであればともかく、離れて仕事をしている場合であれば、そういった人たちというのはどこで何をしているのだろうというふうに疑問になる。

家族と過ごすにも独身で実家とも離れているわけだし、仲間と店で集まろうとしても、そもそも開いている店が少ない。

更に言うと、24日まではパーティーをしていたりとか、人が騒いでいたりするのを頻繁に見たが、25日というのはむしろ街が閑散としている。

ここら辺はフィリピンの不思議なところ。

セブに関しても、12月24日はコンドミニアムのプールサイドで一晩中馬鹿騒ぎをしていたし、朝5時くらいになっても音楽が鳴り響いて非常に迷惑だったが、25日の夜が全くそういう集まりが催されていない模様だった。

更に言うと、12月に入る直前位から、妙に公園等で踊っている人たちが多いと思ったら、その理由に思い当たった。

彼らはダンスがうまいわけでもないし、40代とかその位のおじさんやおばさんもいるので、どう考えてもダンサーには見えない。

しかしながら、スマホでムービーを撮りながら自分たちの振りを確認したりしているので、なかなか熱心に練習している。

なぜ彼らはそんなことをしているのかと思ったら、職場でのクリスマスパーティーに備えたものだというふうに気付いた。

そういえば、マカティーに住んでいた時にメキシコ料理の店で、ちょっと早めのクリスマスパーティーに遭遇したことがある。

不思議な店で、店の半分位をパーテーションで区切って、向こう側では店員がクリスマスパーティーをしながら、こちら側では最低限のスタッフと顧客が普通にいつも通り食事をしているという状況。

多くの場合は、特定の日に店を閉めてクリスマスパーティーをすることの方が多い。

例えば、私がよく行くセブのアヤラセンターにあるファッジという店の場合は、12月の初旬に半日の休みを設けてクリスマスパーティーをするという旨の貼り紙をしていた。

こういったパーティーも、前日までに終わらせるので、当日は人の往来が少なくなるのもわかるが、なんとセブの場合、アヤラセンターそのものが完全に閉鎖されていた。

ここら辺では最も大きなショッピングモールという扱いになるので、いくらなんでも丸々閉鎖ということはないだろうと思っていたが、考えが甘かった。

グリーンベルトも同じアヤラグループの開発によるが、アヤラセンターの場合と違い、グリーンベルトの方は営業はしていた。

仕方ないので、昼食はガストというイタリアンの店に行ったが、こちらは開いていた。

このガストという店は、日本のファミレスとは全く関係なく、「GUSTO」と表記し、セブにはいくつかの店を出しているらしい。

夕食もガストで済ませようかと思ったが、少し足を延ばして、夢屋の近くにある焼肉屋の若松に行ってみることにした。

それにしても静かなクリスマスだった。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ