HSBCフィリピンの小切手のレギュレーションが変更


一般的に、小切手の書き損じというのは二重線で該当箇所を消し、その近くにサインを書いて修正することができる。

日本であればサインではなく、印鑑を押すことが多いが、海外だと基本的にはサイン文化のところが多いので、押印の代わりにサインで済ませることが多い。

とはいえ、日本で小切手を使って支払いをしたり、あるいは受けたりすることもなく、一時期経理の仕事をしていたとはいえ、小切手文化とは全く無縁に生きてきた。

それはマレーシアでも同じことで、一度ウエスタンユニオンを経由して支払いを受けたことはあるものの、やはりここでも、小切手と縁が深くなることはなかった。

状況が変わったのはフィリピンに移住してからで、この国というのは現金の持ち歩きを危険視されることもあり、小切手での支払いが文化として非常に根強く残っている。

家賃の支払いにしても、小切手で1か月ごとに日付を変えておいて、予め12か月分を振り出すか、もしくは一括で支払うかの二者択一だった。

当初、マカティーに住む時には、HSBCフィリピンもBDOの銀行も開く前だったので、仕方なく一括で現金支払いとなったが、これはこれで負担も大きいし、あまりいいものではない。

その後、セブで購入したプレビルドの不動産の支払いについて、HSBCフィリピンの小切手を振り出して、予め先の分まで渡しておいたのだが、ここで問題が起きた。

というのも、私のメールボックスに入っていた1通のメールが発端で、HSBCフィリピンからのいつも通りのごみメールかと思って無視しようとしたが、一応確認してみたところ、どうやら小切手についてレギュレーションを変更するということのよう。

要約すると、これまでは修正した小切手であっても問題なく受け取ってきたが、今後はそういったことをやめるという話だった。

確認してみたところ、以前に振り出したコンドミニアムの支払いのための小切手の中にも書き損じがあり、これを二重線で修正したものがあったので、仲介会社に連絡してみたところ、銀行とデベロッパーのメガワールド社に確認を取ってみるということ。

そして、得られた回答としては、やはり新しいものを発行しなければいけないということだった。

小切手というのは、書き慣れていないと意外と緊張するものだし、うっかり日付を書き忘れたりとか、金額の英数字の表記を間違ってしまったりもする。

そもそも、普段手書きで英語を書くということがまずないので、アルファベットを正確に記すというのは思いのほか緊張する。

まして、すべて大文字でやろうとすると尚更。

結局、4枚の小切手を書くことになったのだが、これをセブからマニラの相手のオフィスに送らなければいけない。

とりあえず、セブのアヤラモールに行ってみたが、コンシェルジュで聞いてみたところ、郵便局は中に入っていないということ。

そして4階のメイル・アンド・モアという店があるので、そこで確認してみてほしいと言われた。

ということで、そのメイル・アンド・モアという店に行ってみると、約2週間後に到着する便で、197ペソという話だった。

随分と遅い割には金額が大きくなると思いながらも、そのタイミングであれば支払いには間に合うし、他に送れる方法はないというのでそれを利用しようかと思ったが、小切手がないかというふうに確認された。

封筒の中身を見せると、小切手は規約上送ることができないと言われ、シューマートまで行って別のサービスを使うようにというふうに言われた。

結局この段階では、小切手を送ることができず、どうやらタクシーに乗ってどこかに行かなければいけない模様。

小切手というのも、こういった場面ではかなり不便。

いっそのこと、4回の小切手の分を一括でまとめてネットで送金することができるのであればそちらの方が早いし、銀行口座宛にまとめて送金しても問題ないかということを確認するか、あるいは、このまま小切手を送る方向でいくかというのは、なかなかの悩みどころ。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ