海外でこれまで住んできた家の奇妙な共通点


これまで私は、4つの海外のコンドミニアムに住んできた。

それ以外にも、ホテルであるとかホテルコンドミニアムに泊ってきたことはあるが、それはとりあえず無視するとして、本格的に腰を据えてコンドミニアムの賃貸をして住んできたのは4軒。

内訳としては、マレーシアのジョホールバルが2軒、フィリピンのマニラ市にあるマカティーという地区が1軒、それから、セブにあるセブシティーの現在の自宅が1軒となっている。

一見すると、全くばらばらな街という感じがするが、意図していたわけでもない共通点が1つだけ見つかった。

というのも、どのコンドミニアムからも窓の外に小さく海が見えるということ。

どれもオーシャンビューで、全面に海が広がっているというわけではなく、むしろ、そもそも海が見えるということに住み始めた頃には気付かず、時間が経過してから、あの部分に小さく見えるのは海なのではないかという疑問を持ち始め、そこからじっと見てみたり、あるいは、方角から考えると確かにどうやら海らしいと納得する程度のレベルで小さく見えるだけ。

ジョホールバルの場合は、シンガポールとの間に海があり、どうやらそれが見えていたらしい。

マカティーの方はかなり驚いたのだが、マニラ湾は随分と西側にあるにもかかわらず、どうやらわずかにだが海が見えていた。

海らしきものの近くに見える観覧車の位置と考えても、やはりそこを海と考えないと不自然なことになる。

これだけの距離が離れていて、尚且つ大都会なので、途中で邪魔をするようなビルもあるのに海が見えるというのはかなり不思議な話。

ちなみにマニラ湾は、世界三大夕陽の一つとされているが、さすがにマカティーの自宅から見えるわずかな海では風情も何もない。

そして最後のセブシティーだが、こちらはそれほど驚きというわけではなく、むしろこれまでの3つのコンドミニアムに比べれば順当といったところ。

残念ながらここで見えるセブの海というのは、テレビのリゾート特集で注目されるような美しい海ではなく、セブ島とマクタン島の間の工業港となっているような海。

どちらにしても、それほど大きく見えるわけではないので、水質がどうこうというのは事実上わからない。日本にいる時、海の近くに住んだことはなかった。

ただ漠然と、伊豆や鎌倉、あるいは逗子の海の近くで暮らせたらと思ったことはあったが、どちらかというとその熱は冷める傾向にある。

今回のセブシティーの自宅を選ぶ時には、マクタン島でもっとオーシャンビューの、目の前が海の物件も紹介してもらえたのだが、結局そこに住むことはなかった。

陰りのない、リゾート感満載の海というのは、数日であれば何となく気分も高揚するし、仲間たちと来るにはうってつけだが、そこで暮らしたかと言うと、いまいちそんな気になれない。

どこかそれは、人間が住む場所ではないというか、地に足の着いてない感じがしてしまう。

しかしながら、こうして無意識のうちに遠くに、あるいは視界の端に海を感じながら海外生活をずっと送ってきたかというと、何かしら運命めいたものを感じるのも事実。

奇妙な符合であることには違いないが、これも何かの暗示なのかもしれない。

もっとも、次に住む場所がどこになるかはわからないが、そこにまで海があるかはわからないし、もし仮にその先がバンコクであるとか、ハンガリーとか、そういったとこになるとすれば、この記録は途絶えることになるだろう。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ