昔ながらの成功法則を捨てて生きていく


昭和の香りというのは、時としてなんだか心の琴線に触れるもので、郷愁を呼び覚ますようなイベントというのは、無性に心を揺さぶられることもある。

特に、昔懐かしいジャンクフードというのは、その傾向が強いような気がしていて、昔ながら中華そばとか、昭和を再現したカップラーメンとか、そういった定番商品から期間限定ものまで、様々なものが発売されているし、実際売れてもいる。

確か、一平ちゃんのカップ焼きそばでも期間限定で、そういった昭和の時代を再現した商品が何年か前に出ていたような気がするが、近年のヘルシー志向と対照的な昭和の時代のジャンク嗜好というのは、人間の本能の発達した脳の部分ではなくて、猿に近い太古の本能に直接的に響くところがある。

言いかえれば、食べた瞬間は良くても、病気的な健康を損なうとか、食後に胃がもたれるとか、そういったマイナスの副作用を伴うものを、一時的に発作のように欲するというのは、人間としてというよりは、哺乳類として、猿としての本能に近いものがある。

考えてみると食事についても、この数年で随分ジャンクフードから離れたし、マレーシア時代はマクドナルドで、ハンバーガーとポテトを疑問もなく食べていたが、そういったことはこの2、3年、ほぼなくなった。

コーラも飲まなくなったし、カップラーメンやカップ焼きそばを食べることもない。

外食ばかりとはいえ、食べるものは選んでいるので、随分と健康な食生活を送れるようになった。

それはそうと、昭和の時代を時折懐かしみつつ、駄菓子を大人が買ってみたりとか、昔の味を再現した料理を食べてみたりする程度ならまだしも、昔ながらの成功法則にのっとって行動して、うまくいかないのを嘆くというのは、悲劇というよりは喜劇に近いし、ましてそれで憤るというのは理不尽でしかない。

成功法則というのは往々にして、市場環境によって左右され、時代によって変遷していくもの。

高度経済成長の時期と、現代の衰退期において、同じ成功法則が丸々使えるわけもなく、むしろそんなこともわからないでビジネスをしていることの方が痛々しい。

中途半端に古い法則を使うから、なおさらうまくいかないわけで、賢い経営者は、逆に何百年、何千年と続いているような手法を使っていたりする。

例えば、あるコンサルタントは、古神道をベースにして理論を構築しているし、経営者の中には、占星術や四柱推命、奇問敦煌、あるいはその他の占い等を、授業拡大のタイミングや撤退、商品の開発、その他経営判断に取り入れていたりするが、こういった統計を基にした法則というのは、少なくとも数百年以上も続いているわけなので、多少の時代の波に揉まれても生き残ってきたということになる。

少なくとも昭和の時代のビジネス本を見て、何の疑いもなく、そこに書かれている成功法則を信じ込んだり、あるいは、他の国のカリスマと呼ばれるような記者が書いた自己啓発本を読んで、日本でもそのままカスタマイズせずに通用すると思っていたりするのは、いったい何なんだろうと思ってしまう。

例えば、インターネットの黎明期と現在では環境が違うのは当然のことだし、バブルの時とバブル崩壊後、そして今現在がそれぞれ異なる消費環境にあるのも、考えるまでもなくわかる。

そうした情勢を読まずに、同じ戦略を使うというのは、相手チームの戦力の分析や自分のチームの出場できるメンバーの体調や顔ぶれを考えずに、毎回同じ戦略で戦うことを指示するサッカー監督の様なもの。

それはセオリーに忠実なのではなく、地道な努力を続けられる忍耐強い人というのでもなく、ただ単に思考停止をしている知能の足りない人ということになる。

古い成功法則というのは、積極的に自分が追い求めなくても、時として何か勘違いした人が勝手に吹き込んでくることもある。

しかも、それは自分自身の成功体験を基にしたものですらなく、どこかで聞きかじっただけの知識を、自分の人生の惨状を顧みずに吹聴している人すらいるので、時として、ばかばかしい話だと切り捨てて脳をシャットダウンするとか、あるいはさっさとその場を立ち去るとか、そういったことも必要。

成功法則もどきは世の中に溢れているが、実際に成功した例は数少ないわけなので、そのアンバランスさには当然理由がある。そう考えれば、他人の意見をいかに鵜呑みにしてはいけないかということが、理解できるであろう。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ