電子書籍プレゼント

子供の英語教育|海外移住のメリット


日本で子育てをしても、英語を身につけるのは難しい。そこで世界に通用する子供にするために海外移住を決意する親がいる。

長期的に見れば日本経済は衰退する以上、子供の未来のために英語(もしくは中国語)を憶えさせたいと思う親は多い。そのためには海外移住をして生の英会話を経験させると同時に、外国人とのコミュニケーションを実践させるのは有効な方法となる。

日本では驚くことに、いまだに英語を話せない教師が学校で教えていたり、幼児英会話教室では日本人の主婦がアルバイト感覚で子供に英語を教えていたりする。まったくもって意味不明な話だし、日本人がいかに英語を話せないかを考えても、こんな教育が無駄であることは明らかだ。


では、子供に英語を学ばせるために海外移住をするためには、アメリカやカナダ、イギリスといった生活費の高い国に行く必要があるのか?




物価の安い国への移住

たとえば、アジアでもフィリピンなら英語は公用語だし、多くの人が高いレベルの英会話を習得している。日本に比べて圧倒的に物価の安いフィリピンに移住して、海外の空気の中で子供に英語を憶えさせることができる。

あるいは私が以前住んでいたマレーシアの場合、東南アジアでは英語がトップクラスな上、華僑系の住民が多いため、中国語も学べる。実際、華僑系のマレーシア人の場合、英語、中国語、マレー語のトリリンガルであることも珍しくない。

バイリンガルはもちろん、トリリンガルすら目指せる環境で子育てをするのは、子供の可能性を広げる上で有益だろう。

あるいは私の友人夫妻の場合、中国・珠海に移住して子供に中国語を学ばせ、その後はフィリピンのセブに移住して英語を学ばせている。こんな風に国境を超えて生活環境、教育環境を変えていくこともできる。


英語が公用語ではない国に行っても、インターナショナルスクール等に子供を通わせて、キレイな英語を学ぶ機会を作る方法もある。日本人しかいない同質的な環境ではなく、外国人と日常的に触れ合う環境にいるだけでも、国際人に向けての道は大きく開かれるのだから、これもいいだろう。

日本でしか生きられないように子育てをするよりは、世界を舞台に活躍できる下地を作っておいたほうが、子供の未来の可能性は広がる。海外移住をして日本以外の国で暮らす経験をさせ、さらに英語を学ぶ機会を作っておけば、日本国内しか知らないで大人になってしまう多くの日本人よりも可能性が広がるのは間違いないだろう。

ただし、バイリンガル教育にはリスクもある。母語の習得レベルが低いと論理的思考力等にも悪影響を及ぼすため、子供の発育段階や言語の発達レベルには気をつけておきたいところ。




大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ