家族が各国に散らばって暮らす未来


日本では今のところ、家族は全員が日本の国内に住んでいるという状況が一般的となっている。

日本人の海外居住者というのは常に100万人前後なので、人口の1%程度しか国外には暮らしていないということになる。

更に言えば、日本人と外国人との国際結婚というのもそこまで多いわけではないので、子どもや孫が純粋な日本人ということもあくまで一般的というのが、2014年の段階での多くの人の見解だと思う。

しかしながら、今後新興国に仕事を取られていく中で嫌でもアジアを中心として各国に派遣されていく人というのは増えていく。

いま現在でもタイやフィリピンに派遣された駐在員の中には、現地の人と結婚してハーフの子どもを儲けるということが少なくはないし、最近だと韓国人とフィリピン人の間に生まれたコピノと呼ばれる子供が、韓国人男性が妊娠発覚後に逃げることが多いために社会問題になっている。

このタイとフィリピンというのは日本人にも人気の国で、一度海外駐在で赴任してしまうとそのまま日本に戻りたくないという人も多く、実際、本社に戻るように言われてもそのまま退職をしてしまって、現地で就労をするという人もいるらしい。

こういった形で各国に日本人が出ていけば、それだけ子どもの国籍というのも変わっていくわけだし、場合によっては日本人ではなくてその現地の国籍を取得するという場合も考えられる。

少なくとも国籍をどちらにしても、ハーフの子どもが生まれれば、その子どもはどちらかの国、もしくはその第三国で暮らすということを考える必要が出てくる。

こうなってくれば家族がみんな同じ国に住んでいるというのが常識ではなくなっていくわけだし、そもそも働く場所が海外であればその親から見れば、自分の子どもが日本から出て行ってしまったということになる。

こうしたことが増えていくと、もはや家族が一つの国に留まっていくという状況はどんどん減っていくのではないかと思う。

年老いた親は日本に住んでいて息子はインドに派遣され、そこで子どもをもうけて、そのままインドで子育てをしながら仕事もしているとか、もしくは子どもには高いレベルの教育を受けさせようと思って、アメリカやカナダに留学させるかもしれないし、インドよりもきれいな英語を安価で身に付けさせようとして、フィリピンに留学させるような親も出てくると思う。

こういった形で家族がバラバラになって暮らすようになれば、当然ながら会う機会というのはますます減っていくわけだし、現在であればスカイプで行えるようなテレビ電話でのコミュニケーションとか、そういった遠隔地同士での会話というのが増えていくのではないかと思う。

しかしながら、電話と対面で会うというのはやはり別物であって、スカイプで通話が終わった後の寂しさとか虚しさといったものを経験したことがある人は多いのではないのかと思う。

そういったことが家族でも増えていくということは、必ずしも幸福ではないのかもしれない。

しかしながら、私自身もすでに海外で生活をしているし、こういった流れというのを止めることが出来ない。

私たちの世代というのは、これから人間関係を新しくとらえ直す必要があるのかもしれない。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ