海外移住と検索エンジンを活用する力の関係性


私は海外移住に関するブログを書いている事もあって、そういったところからブログのコメントやメルマガへの返信で海外移住に関する質問を受けることも多い。

その中にはかなり込み入った話もあれば、調べれば一瞬で解決するような質問というのも出てくる。

はっきりいえば、半分くらいの質問というのは、メールで送信して返信を待つよりも検索エンジンを使って調べたほうが圧倒的に早く解決するというのが実際のところ。

たとえば、タイのリタイアメントビザの要件として、最低預金額がいくらかというのはGoogleで調べれば複数の業者や体験者の声、タイ大使館の正式発表等を見るけることができる。

逆に言うと、それだけ検察エンジンを活用できていない人が多いということになる。

これだけグーグルの性能が上がってくると、世の中の疑問のある程度のことというのは検索エンジンを活用することによって、自ら調べることができる。

逆に言うと他人に聞く必要がある質問というのは、かなり限られて来ることになる。

にもかかわらずいまだに海外移住をしたいけど、それについて自分ではまったく調べていないとかそういった人が多いというのを実感している。

実際に外国で暮らすということになると、日本からのインターネット以外を経由しての情報というのは極端に少なくなる。

逆に言えば、インターネットに関していえば、日本にいるときと変わらずに情報収集することができるということなので、移住の可否を考える時に、検索エンジンを通して精度の高い情報を得るかというのは非常に重要な問題。

ただ単に好きなサイトを見て時間をつぶすとかそういったことだけではなくて、自分の情報収集ということにおいてインターネットを活用するというのは、海外で生活するうえで非常に役に立つ能力ではないかと思う。

私自身も三年以上海外で暮らすことになっても、いまだに英語というのは身につかないし、英語で情報を検索するということができないわけではないが、非常に疲れるので基本的には極力日本語による検索で済ませている。

しかしながら、海外移住を希望している人の少なくない割合は日本語の検索すらも使えないというのが、かなり問題なのではないかと思う。

そういった人は基本的に誰かを頼るしかないので、業者に高いお金を無意味に支払うとか、もしくは実際にすでにその国に住みついている人を頼って相手に負担をかけて嫌がられるとか、そういった未来がまっている可能性もある。

別にグーグルを使いこなすと言っても、特殊な検索方法を使うわけではなくて、ごく普通に自分の思っていることをキーワードを選び出して検索すればいい。

実際調べてみると様々な条件をつけて検索をする方法というのはあるものの、そういったこと手法というのを使う必要はほとんどないと思っている。

私も検索エンジンは色々と活用しているが、基本的には検索する言葉とキーワードとキーワードの間にスペースを空けて打ち込むだけ。

それ以上特殊なことをすることはほとんどない。

それだけでも海外から情報を得ることはできるようになるし、例えばマレーシアやフィリピン等、自分が移住したい国の治安であるとか、食事や家賃の相場といったことというのは簡単に調べることができるので、海外生活を送りたいと思っている人は日本にいるうちからグーグルやヤフーを上手に使う方法というのは身につけておいたほうがいいと感じている。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ