フィリピンではバレンタインがかなり地味にしか行われない


これまで日本、マレーシア、フィリピンと三ヶ国に住んでいみてそれぞれの国で行われているイベントの違いというのも感じてきた。

バレンタインに関していうと、日本が最も盛大にイベントとして取り上げていて、その次がフィリピンそしてほとんどスルーしているのがマレーシアという構図が見えてきた。

フィリピンの場合で言うと、一部のレストラン等でバレンタイン用のメニューが提供されているとかその程度なので、あまり盛り上がっているという感じはしない。

若干普段と違うことと言うと、花を持っている人がいつもより多いとか、そのくらいで昨日はスターバックスの前にもぬいぐるいと花束を売っている人たちがいた。

それに比べると、日本というのはやはりバレンタイン商戦というのが非常に盛んで、義理チョコであるとか様々な販売機会を増やしてきた経緯がある。

さらにいうと友チョコとか、そういった形でここ最近についてもますますバレンタインを商業的に利用しようという傾向は見えてきているし、プロモーションはうまく、なんだかんだいってそこにのっている人たちが増えているというのも実際のところだと思う。

それに比べるとフィリピンのバレンタインというのは、非常に地味であまり日常の中で変化を感じることがない。

マカティに移住して現地で暮らしていても、普段とかけ離れた空気は感じない。

クリスマスの場合はもう少し事情が違って、大体十月くらいから、もしくは早いところだと九月の終わりくらいからフィリピンではデコレーションをはじめたり、イルミネーションがみられたりする。

しかしながら、クリスマスイブやクリスマス当日になるとあまり盛り上がってはいなかったし、特にクリスマスは早く帰りたいということなのか、早々に店じまいをしているレストランも多い。

これがマレーシアになると、クリスマスについてもほとんどスルーということになる。

一部の大きなショッピングモールに関しては大きなクリスマスツリーを飾ったりしている事もあるし、実際にクアラルンプールのパビリオンというショッピングモールは三階分くらいある高さのクリスマスツリーが飾られているのを見かけた。

しかしながら、ジョホールバルのような地方の都市になると話は一変して、ほとんど日常生活と何も変わらなくなる。

一応マレーシア第二の都市でありながら、ジョホールではクリスマスらしさはまったく見られず、家庭用かと思うような大きさのツリーが一部のレストランでちょっとだけ置いてある程度。

それ以外に特にクリスマスの音楽が流れているとかそういったことすらもないし、あるいはイルミネーションで町が飾られるとかそういったことも見かけなかった。

ここらへんは、そもそもマレーシアはイスラムの国なので当たり前といえば当たり前であるし、不思議がることではないものの、あまりにも習慣が違いすぎてかなり驚かされた部分ではある。

こうしてフィリピンではじめてのバレンタインを迎えることになって、キリスト教の国でありながらあまり盛り上がっているわけではないということを知ることもできたし、ここらへんの感覚というのは実際住んでみないとなかなかわからないところなので、興味深い出来事だと思う。

今後も他の国のバレンタインの動向であるとか、クリスマスの風習であるとか、そういったこともウォッチしていきたいと思う。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ