根菜を食べたいがマニラではなかなか見つからない


東洋医学の考え方に基づくと、どうも私のように胃腸や脾臓が弱い場合には、根菜を煮込んだ料理を食べるとお腹に優しくて消化吸収を助けてくれる働きがあるという。

ではそういったものを食べようかと思い、特に昆布だしかもしくはかつおだしで煮込んだ根菜の煮物がベストということだったのが、実際問題としてそういった食品というのがマニラの中ではなかなか見つからない。

日本料理屋に行って筑前煮がないかというのを幾多の店でチェックしてみたものの、残念ながら筑前煮をおいてある店というのは見つからなかった。

そもそも根菜というのが私はイメージができなくて、ごぼうやたけのこ、蓮根の三つくらいしかイメージがつかなかった。

さすがにこの三つだけというのはあまりにも少なすぎるし、他にどういった選択肢があるのかということを調べてみたら意外に身近な食品というのも含まれていた。

例えば大根やにんじんもそうだし、長ねぎやたまねぎといったものも根菜に含まれるらしい。

さらにこんにゃくというのも一応根菜の一つに入るらしいので、実はおでんの具の中には根菜がいくつかあるということがわかった。

ということで、リトル東京の里雄禅という店に行ってこんにゃくや大根を頼んで、プラスして完全栄養食とも言われる卵を食べてることで、里雄禅である程度根菜をとることができるようになった。

マニラというのは比較的野菜不足になりやすい町なので意識的に普段から野菜を食べるようにはしていたものの、根菜というのはさらにそういった食品をねらわないとなかなか食べる機会がない。

ごぼうや蓮根といったものについてはほとんどマニラで見かけること自体がないので、口にする機会というのも非常に限られている。

それに比べると大根やにんじんというのは比較的身近な食べ物だし、にんじんは根菜であるという以外にも東洋医学的には血をつくるという意味でもプラスの働きらしいので、そこらへんは意識して食べて行こうと思う。

ちなみに一時期は野菜ジュースを飲もうかと思ったものの、野菜ジュースには糖分が付け加えられていたりするので、飲みやすい半面であまり体には良くない部分もあるという事。

トマトジュースの場合でいえば塩が点かされているので塩分のとりすぎになって、やはりこちらも生で食べるのと比べて体に与えるプラスの影響が限られてしまうだけではなく、飲み過ぎるとかえって塩分のとりすぎで高血圧になりやすくなるとか、体にはマイナスの影響もある。

なかなか新鮮な野菜が手に入らないマニラだからこそ、そういったジュースを上手に活用しようと思っていた時期もあるものの、こういった食品業界の内情を知るにつれて、やはり新鮮な野菜をできるだけ選んで食べるようにしなければいけないということを考えるように変わった。

それにしても日本というのは比較的根菜が身近に並んでいる国だということを、フィリピンに住んで改めて感じている。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ