ダナンからハノイまでと、ハノイからバンコクまでの移動時間の差が釈然としない


国内線と国際線だと何となく国際線のほうが時間がかかりそうな気もするし、料金が高いというイメージもある。

日本の場合、島国で海に囲まれているため、多かれ少なかれこれは正しい部分もあるし、北海道から沖縄に行くよりも福岡からインチョンに飛ぶほうが近いとかそういった例外はあるにしても、少なからずも体感的には中らずと雖も遠からずといった状態ではあると思う。

しかしながら今回のベトナムの旅を振り返ってみるとなんだかイマイチ感覚としてしっくりこないのはダナンからハノイまでは80分のフライトであるのに対し、ハノイからバンコクまでは国際線でさらには間にカンボジアもあるのに110分しか掛からないので、30分しか差がないということ。

ちなみに金額でみてみると、ジェットスターでダナンからハノイまで飛んだ場合、17ドルでプラス航空使用料等がかかる。

日本円にすると約2000円ということになる。

これに対しハノイからバンコクに行く場合、安い日だと30万ドン、つまり日本円にすると1500円程度でチケットを取ることができ、それ以外の税金や諸費用が加わっても6400円程度と格安になっている。

料金的には大きな差はないが、それ以上に驚いたのは、30分しか時間が違わないということ。

地図で見てみると意外にこれは納得できる部分もあるが、それにしても移動というのはやはり不思議なものだと思う。

ちょうどハノイとバンコクの間くらいにビエンチャンが挟まれているような形になるので、単純に合理的な移動ということを考えるのであれば、ハノイから一旦ビエンチャンに飛んでそこからバンコクに寄ったほうが途中も楽しめるということになる。

しかし実際問題としていうと主要空港の移動のほうが料金は安く設定されていることが多く、ビエンチャンやラオスの他の都市というのはその意味で不利な条件になる。

例えばベトナムであればジェットスターやベトジェットといったLCCが参入しているが、ラオスの場合原則としてLCCが就航していないためビエンチャンに行くことはできても、そこから先はラオス航空等のナショナルフラッグに頼らざるを得ず、たいして豪華な機内でもないのに料金だけは妙に高くなる。

以前ビエンチャンからルアンパバーンに移動したときにラオス航空を使ったが、航空機のグレードとしてはエアアジアと特に変わらないくらいのレベルであった。

ラオスといえばアジアでも最貧国の一つと目されていたが、観光に関しては非常にうまい政策を取っていて、したたかな国だと感じている。

これは別に嫌味で言っているわけではなくて、むしろ多くの国がルアンパバーン等のやり方を見習うべきだとすら思っているし、ただ単に世界遺産に運よく指定されているというだけではなく、マーケティングとしても非常にうまくリソースを生かしながら活動をしているという印象。

ベトナムに関しても中部を中心にうまく観光資源を使っている印象があるし、欧米人観光客向けの店もできてはいるが、大量に入ってくる中国人を持て余しているという感じは否めなかった。

これは特にダナンのビーチ等で感じたことだが、今後も課題だろう。

一方観光マナーの悪い国としてはインドも挙げられるが、こちらはスマホの出荷台数が2015年のみで1億台を突破したとIDCインドが発表した。

これらの人口が大きく、なおかつ各国の旅行者も多い国の中でも特にマナーが悪い人をいかにしてよけるかというのは、世界的にみても喫緊の観光業界の課題だろう。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ