電子書籍プレゼント

香港のタクシー事情(乗車拒否や遠回り等)



香港のタクシー事情を語る上で、まずはメリットの部分として、日本に比べ明らかに料金が安いことが挙げられる。

初乗りは約300円となっていて、何しろ狭い街なので、基本的には大きな金額にならずにどこにでも移動することができる。

フィリピンのように初乗りが100円程度の国に住んでいる身としては安くは感じないが、日本と比較すればずっと割安。

さらにタクシーは香港に1万8千台ほどあると言われていて、よほど変わったところに行かない限り、道端で見つけることも難しくはない。

そういった意味で言うとかなり恵まれた環境にあるものの、一部には乗車拒否とか、トラブルが発生したという話も聞くし、私自身もあまり使い勝手がよくないと感じた部分もあり、注意が必要な要素もある。

ということで、そういった部分についても触れておこうと思う。


香港の乗車拒否事情

道端でタクシーを拾うにしても、タクシースタンドで乗り込むにしても、同じように発生することがあるのが乗車拒否という問題。

運転手としても、自分がどちらの方面に行きたいとか、帰り道のことも考えるとこちらには向かいたくないとか、そういった判断が下されることがあり、乗車拒否は時として起こることがある。

しかしながら、香港のタクシー事情に特有の側面として、英語が通じないことが多く、そもそもこちらの伝えていることが理解できていない場合もある。

例えば、私が以前にリッツカールトンホテルを行き先に指定して、iPhoneで文字まで打ち込んで見せても、ちんぷんかんぷんだったことがある。

リッツカールトンは香港の中でも有名なホテルだし、タクシーの運転手なら当然ながら名前は知っているだろう。

それでも英語で発音したり、アルファベットで見せても通じないのだから困る。


元英国領ではあるが・・・


イギリスから中国に香港が返還されて以降、英語はどんどん廃れてきて、中国語を話す人が増えてきたという。

ある意味では現金な話だが、そういったこともあってタクシーの運転手の中には英語が全く通じない人もいる。

悪意を持って乗車拒否をしているというより、ただ単にこちらの指定している場所を理解できず、その結果として、もう早く立ち去りたいということで行ってしまう事例もあるため、乗れなかったとしても必ずしも意図的に仕事を選んでいるとは限らない。

そんなこともあるので、香港でタクシーに乗る場合の注意点として、できるだけ行き先を中国語表記でも見せられるようにしておくと便利。

例えば宿泊しているホテルに戻る場合であれば、ホテルのネームカードを持っておくことによって、こういった問題は解決できる。

しかしながら、人と待ち合わせをしている場合とか、突発的に移動をするような場合にはこういった手段は使えず、香港ではかなり不便な思いをすることもある。

この点については、料金も安いし仕方がないと諦めるのも一つの方法だし、地下鉄がそれなりに発達している町でもあるので、そちらをメインで使うという対策もある。

これまで乗車拒否やちょっとした遠回りぐらいは経験したことはあるものの、決定的なトラブルに香港で巻き込まれたことはない。

ただ、タクシーの運転手が様々な面倒を引きつれてくるのは、ほとんど世界各国共通の事情となっているので、駅の近くであれば地下鉄を使った方が気分的にも楽だったりする。

以前に住んでいたマレーシアのように修羅場がたびたび起こるほどタクシー事情が悪くはないが、特別愉快な乗車体験が期待できるわけでもない。

必要なら乗るが、できればタクシー(の運転手)には関わりたくはないというのが率直なところ。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事