電子書籍プレゼント


『「いつか海外に住みたい」を
手の届く現実にするための本』を
無料で応募者全員にプレゼント中
(応募後1分以内に電子書籍をお届け)
>>こちらをクリックして応募をどうぞ

フィリピン・マニラに移住しなかった理由

海外に住むことを決めた当初、
フィリピン、あるいはマニラに移住しなかった理由は
大きく分けると2つあった。

まず1つ目は漠然とした悪いイメージ。



いかにも治安が悪そうで危険な印象がついて回っていたし、
当時は東南アジアのこともよく知らなかったので
フィリピンには負の印象が先行していた。


2つ目の理由は、
これといった取っ掛かりがなかったこと。

マニラに知人が住んでいるわけでもなく、
何か魅力を感じていたわけでもない。

当時はマカティやグローバルシティといった地名も知らず、
マニラ湾やリトルトーキョーのような
スポットも聞いたことがなかった。

要は知識も興味もなかった状態で、
調べようとする動機すら持っていなかった。

そんな状態で急にフィリピンに住もうと思い立つわけもなく、
たまたま縁があったマレーシアを生活の場に選んだ。


こうして、海外生活の当初は
フィリピンには移住しなかったが、
マレーシアの次に暮らす場として選ぶことになった。



マレーシアの次の移住先に選んだ理由


当初はマレーシアを選んだが、
2年住んだら飽き飽きした。

MM2Hと呼ばれる退職者ビザも取得したが、
どう考えても一生住みたいと思える住環境ではない。

むしろ一生どころか、2年が限界だった。

かと言って日本に戻りたいという気持ちはなく、
海外での生活は続けたかった。


そこで白羽の矢が立ったのがフィリピンであり、
マニラのマカティ市。

マレーシア在住時に各国の情報を集めており、
その中でアンテナに引っかかった国の1つがフィリピンだった。

特にビザ事情がゆるいため、
すぐにでも住み始められるという魅力もある。


治安面もマカティなら安全という話を聞いたし、
まずは移住を前提に渡航してみることにした。

現地入りして住みたいと思えなければ
いったんマレーシアに戻ればいい。

いつでも引き返せる状態でマニラのニノイ・アキノ国際空港に降りたが、
マカティを見て住めると確信した。

早速マカティ市のレガスピ地区にあるコンドミニアムを借り、
マニラ生活が始まった。



住んでみてイメージが変わった


一般的な先入観として、
マレーシアは安全でフィリピンは危険というものがある。

しかし、両国に住んでみた率直な感想としては、
マレーシアよりもフィリピンは治安が悪いものの、
マカティ限定なら話は変わる。

フィリピンはミンダナオ島のように
きなくさいニュースが定期的に流れてくる地域もある。

マニラは地域によって治安の差が激しく、
マラテのようなピリピリしたエリアから
マカティ・グローバルシティのような穏やかな地域まで
生活水準も治安面も差が大きい。

マニラの中でもマカティで暮らすなら、
マレーシアよりもむしろ安全に暮らせた。

これは移住前に持っていたイメージとは違った点。


マレーシアは全体的にそこそこ安全で、それなりに危険。

フィリピンはエリアの差が激しいため、
住む場所と行動範囲によって違いが出る。

マカティなら徒歩圏内で用事が基本的に完結するため、
わざわざ犯罪の被害に遭うリスクが高い地域に
頻繁に出かけていくこともない。

そんなわけで、安全で快適に暮らすことができた。


こうしてマカティでの生活を終え、
その後はセブでも暮らしてみたが、
セブ移住の話はまた別の機会にでも。


海外に移住するのは本当に難しいのか?

日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ




よく読まれている記事