電子書籍プレゼント

海外移住の際の収入源


「海外に住みたいんです」

マレーシアに移住してから、そう語る人と数多く会ってきた。

やはり、わざわざ海外に出てくるぐらいなので、移住してみたいと思っている人の割合は高い。

その反面、障害となっているのが収入源という話も多い。


海外移住をする場合、収入源は主に3つのパターンがある。



1つ目は現地でサラリーマンをすること。

さらに細分化すると、現地就職の場合と駐在員がある。

現地就職は、現地の人の給料に準じるため、新興国では給料が安くなる。

これに対し、駐在員は日本国内で就職し、海外に派遣された場合で、日本国内の給料+各種手当てのため、一般に日本国内での勤務よりも待遇は良くなる。



2つ目は場所にとらわれない仕事をすること。

たとえば、私の場合にはパソコンがあれば仕事ができるため、どこの国に住んでいても、あるいは旅をしていても困らない。

別にパソコンに詳しいわけでもないし、ネットが得意なわけでもない。

むしろパソコンは苦手ですらある。

それでも、ネット上で販売代行を行うことによって、上場企業の役員報酬程度は稼げるようになった。

この点については、メール講座の中で詳しく語っていくので、ここでは省略する。



3つ目は年金収入。

リタイアメント世代がこれに該当する。

海外に住んでいても、日本の年金は受給できる。

そのため、物価の安い国に移住すると、年金だけでも十分な生活ができることになる。



これ以外にも、投資の収益を得て暮らしたり、貯金を切り崩して生活する人もいる。

ただ、これは十分な蓄えがある場合に限られるので、年金を受け取れる世代を除くと、現実的には1つ目か2つ目の選択肢を考慮する人が多いだろう。



選ぶ道で自由度が変わる

駐在員や現地就職を選ぶ場合、
当然ながら別の国に移住するのは難しい。

たとえば、マレーシアに住むことができたとしても、
その次にホーチミンに移住したくなった場合、
仕事を辞めなければいけなくなる可能性が高い。

現地就職の場合、
元々就労期間が短い人が多く、
退職が頻繁に起こりやすい傾向にあるので、
駐在員よりはこうした場合のデメリットは小さめ。

逆に駐在員は条件によって千差万別だが、
守る価値のあるキャリアであることも少なくないため、
居住国を選ぶために仕事を棒に振るハードルは高くなりがち。


そういった意味では、
収入源が場所にとらわれない仕事であると、
2回目、3回目の移住がしやすい。

私の場合だと、
現在住んでいるタイが海外で4カ国目の居住国だが、
収入源が確保できているからこそ
次の国に気軽に移れる。

今では資産の割り振り先や居住国を自由に選ぶように、
収入源と場所の結びつきについても
じっくり考えてみる価値がある。

わざわざ制約を厳しくして、
リターンがないのでは意味がない。

極力移動の自由度を高めておいたほうが、
政変、紛争・戦争、大規模な災害、経済危機等の
様々な状況への対応が迅速になる。

そういったリスクコントロールの文脈でも、
収入源のあり方にはこだわっておきたいところ。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ