電子書籍プレゼント

ワルシャワ旅行は見送ることにした



ポーランドのクラクフに行ったので、そのまま北上してワルシャワに行こうと思っていたが、今回は見送ることにした。

というのも、調べてみるとワルシャワには王宮やワジェンキ公園、ヴィラヌフ宮殿等があるが、比較的見るような場所が少ないという話が多いことと、今回は西の方に行って、スロバキアのブラティスラバや、チェコのプラハに行くことを優先したため。

ポーランドは移住したい国だが、直近で考えているわけでもない。

クラクフに関して言うと、近年珍しいレベルで気に入ったので、今後も再びやってくることは確実だと予想できるし、ワルシャワはその時でいいかという結論になった。

北上してワルシャワの方に行ってしまうと、そこからうまく陸上の交通で他の町を繋ぐことができないし、今回は東欧を色々見て回りたかったので、ワルシャワはパスして他の国を優先することにした。

さらに言うと、ブラティスラバからウィーンは非常に近いので、もしかすると寄るかもしれない。

ハンガリーのブダペストも比較的近いので、実を言うと寄ろうかと思っていた。

しかしながら、ブダペストは以前に一度行ったことがあり、あまり空気が良くない印象もあったし、今回の旅のテーマとは少しそぐわない。

というのも今後、東欧の中で滞在型の旅に活用できるとか、ロングステイに適した町を探しているので、空気が悪い場所はあまり候補にならないし、それであればクラクフの方が圧倒的に優位性がある。

そんなこともあったので、今回はブダペストも飛ばすことにして、直接スロバキアのブラティスラバに行くことにした。



通貨に翻弄される鉄道の旅

本来乗る予定だった電車に乗れなかったこともあり、途中でチェコのブジェツラフ駅に寄って、そこで夕食をとる機会があった。

これはまったくの予想外だったし、そもそも降りた駅がチェコだとは思わなかったので、てっきりオーストリアだと思っていたら、なぜか夜7時くらいにも関わらず、軒並み駅の近くの店というのが閉まっていて、唯一開いていたスーパーに入ったら、明らかにユーロではない単位の価格表示になっていたので、それでどうやらチェコらしいという結論に至った。

駅に戻ってから、ネットが使える状態になっていたので調べてみると、やはり現在地がオースリアではなく、チェコであることがわかって、その国の通貨で価格が表示されていたことが確認できた。

ヨーロッパを旅していると、基本的にはどの国もユーロを使えばそれで決済ができるので、その感覚でいたものの、東欧はポーランドであればズウォティを使っているし、チェコもまた独自通貨のコルナを使用している。

以前にハンガリーを訪れた時もそうだったので、もし変わっていなければこちらもユーロではなくフォリントを使用しており、独自通貨の国ということになる。

スロバキアに関してはすでにユーロに切り替えているので、その点の不便はないものの、こうして考えてみると、移動の利便性は確保されているものの、通貨の独自性は保たれている国もあり、そういったところは、少々旅行者としては面倒なところもあることを改めて感じた。

ワルシャワに関しては、クラクフとセットにして考えると、ズウォティを使いまわすことができるので、その点は若干便利な点。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事