東南アジアの危険度は?現地で暮らし、旅した経験から治安を語った



これまでフィリピン・マレーシアで暮らし、
東南アジア各国を旅して治安や住環境について観察してきた。

時には危険な目に遭ったこともあるし、
安全そのものだった街もある。

まず、大雑把な傾向としては、
新興国の集まりとは言え、
世界的に見たら特に危険なエリアではない。

たとえば、中南米に比べたら犯罪率は低いし、
特に殺人や強盗のような凶悪犯罪は圧倒的に少ない。

先進国を含むヨーロッパと比べても、
東南アジアが著しく危険ということはない。

むしろロンドンやパリ、ミュンヘン等の先進国の大都市も
スラム化したエリアが増えているのが現状。

アメリカの治安の悪さは噂通りだし、
先進国も安全な街は限られている。


客観的な指標を1つ見てみよう。

世界平和度指数は各国の安全度を図る指標の1つで、
東南アジア各国の順位を見て見ると、
シンガポールが17位、
マレーシアが31位、
ラオスが41位、
ベトナムが43位、
インドネシアが56位、
カンボジアが118位、
フィリピンが132位、
タイが133位、
ミャンマーが142位となっている。

タイが異様に順位が低いが、
これは政権の不安定さや
深南部と呼ばれるマレーシアとの国境沿いのエリアが
イスラム勢力のテロ行為等によって危険地域になっていることが
考慮されてのものと思われる。

多くの旅行者が訪れるバンコクやプーケット、
チェンマイ、アユタヤ、パタヤといった街に限れば
シンガポールに次いで安全という印象がある。


そして、東南アジアで最も安全な国は、
やはりシンガポールで間違いないだろう。



クリーン&グリーンをスローガンとして掲げるだけあって、
街中の安全度は高い。

また、東京23区と同じ程度の広さしかないため、
警察による管理も行き届きやすい点もメリット。


では、世界平和度指数で
東南アジアでは2番手だったマレーシアは安全なのか?

元居住者としての意見は違う。



たしかにマレーシアはそこそこ安全な国だが、
突然ノコギリを持った男が走ってきたこともある。

日本人の知人は刃物を持った4人組の強盗に襲われ、
車の窓を割られて鞄を持ち去られた。

他にも強盗や誘拐の話はいくつか聞いたし、
タクシートラブルが異常に多い国でもある。

クアラルンプールはスカイトレインと地下鉄があるが、
マラッカやペナン等の他の街はタクシーが移動の基本。

しかし、ドライバーがメーターを使わないのは日常茶飯事で、
脅すように怒鳴ってきたりすることもたびたび。

旅行者にとって安全とは言い切れないし、
移住者にとってはなおさら厳しかった。


むしろ旅行者にとっての危険度が低かったのはラオス。



首都ビエンチャンも東南アジア各国の首都と異なり、
小さな地方都市の様相を呈している。

バンコクやクアラルンプール、マニラのような
人口と高層ビルが密集した大都会の雰囲気は見当たらない。

人々がのどかで、
ビエンチャンにしろ、ルアンパバーンにしろのどかな場所。

もちろん日本に比べたら危険な場面もあり、
バイクに乗った男が執拗に時間を聞いてきたこともあった。

これはビエンチャンでタート・ルアンを見た帰りだが、
どうやらスマホを取り出させようとしていた模様。

半袖だったので腕時計をしていないのは明らかだったし、
スマホを手にしたところでひったくるのか、
何かしら仕掛けようとしていたのだろう。

いかにもあやしげな人相の男だったので
大まかな時間だけ伝えて、
スマホは取り出さなかった。

安全な国でも、観光客が増えればこうした輩は現れる。

彼がラオス人なのか、
他の国からやって来たのかは分からないが。


ベトナムは犯罪面での危険度も低くないし、
交通事情がカオスなために事故に遭わないための注意も必要。

ラオスとともに40位台という順位が不思議。



スリや置き引き以外にも、
ホーチミンではマッサージ店でのぼったくり被害も
たびたび話題にされる。

3ヶ月の観光ビザを取得して
それなりに長期の滞在をしてみたこともあるが、
ホイアンやダナン、フエのような小さな町でも
とにかく騒音がひどかった。

バイクや車のクラクションはけたたましく、
ホテルの防音も適当。

ダナン在住者に聞いたら、
コンドミニアムも防音性能は低いらしい。

ハノイやホーチミンが静かでないのは当然のこと。


なお、ホーチミンでブイビエン通り近くのホテルに泊まったら、
夕食を食べに行く際にボーイから
荷物にはくれぐれも気をつけるように忠告された。

それだけひったくり等の被害が多いのだろう。

ハノイでも似たようなアドバイスをもらった。


インドネシアはむき出しのナイフが
ジャカルタの露天で売られていたりして、
物騒な雰囲気を感じる場面もあった。



これは裏通りの話でも、
治安が悪いローカルの人だけが歩くような場所の話でもなく、
ブロックMという日本人街とショッピングモールをつなぐ
歩道橋での話。

他にも街灯が少ないため、
ジャカルタであっても暗い場所は本当に闇になっている。

都会の片隅の薄暗さというレベルではなく、
何も見えないのではないかというレベル。

ここまで街灯が少ない首都は珍しく、
インドネシアが東南アジアでも
経済的にまだまだこれからの国という事実を実感した。

ベトナム同様に交通事情が悪く、
道を渡るだけで命がけな場面も。

スカルノハッタ国際空港から街中までの渋滞のひどさや、
不便で危険でもバンコクやクアラルンプールと
物価が変わらないこともあり、
今後の移住先候補からは外した。


一気に順位が下がってフィリピンの話をすると、
私はマニラのマカティ市とセブのセブシティに住んだ。



最初にマカティに住み、その後セブシティへ。

両方の街で暮らした感想としては、
フィリピンは危険度の高い地域とそうでない地域の落差が激しい国。

これはしたたかな政策の賜物でもあり、
国土全体を均等に成長させていたら
安心して外国人が住めるようになるまで時間がかかりすぎる。

元々、フィリピンはボラカイやエルニド、セブをはじめとして
観光資源に恵まれている国。

欧米の旅行雑誌等からのリゾートの評価はとても高い。

そして、リゾートにバカンスに来る旅行者は
気前よくお金を落としていってくれる傾向にある。

当然、国としても彼らを誘致したい。


さらに、外国人移住者を確保して、
継続的な消費も促したい。

こうした思惑が一部エリアの治安を著しく改善させた。

結果、私が住んだマカティやセブシティは、
マレーシアよりもむしろ安全度が高く感じた。

こうしたエリアごとの不均衡が顕著なのがフィリピンで、
東南アジアの中でも地域格差が激しい傾向にある。



秘密の話

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ