バンクーバーは日本人が生活する環境が整っている


バンクーバー国際空港に到着した時に、インフォメーションセンターの近くにあったいくつかのパンフレットを見てみた。

別に広告が見たかったわけではなくて、地図が欲しかったので、そういったものを色々と手に取って見ていたら、日本語で書かれたパンフレットが2つ見つかった。

そのうちの1つだけを見ていても、様々な日本人向けのサービスが行われているということがよくわかる。

例えば、和食レストランが大量に載っているというのは当たり前の話。

例を出すと、飛騨高山ラーメンとか、長浜ラーメン、鳳などのラーメン店も載っているし、あるいは寿司であれば、直寿司とかよはち寿司とか、いさみ寿司とか、こういったものがいくつか出ている。

では、ただ単に和食レストランがたくさんあるだけかというと、そういうことではなくて、エイビックというビザ関係の業者の広告が載っていたりとか、両替サービスのVBCEという広告もあるし、あるいはカナダでの就活を支える社員カナダとか、日系の不動産グループであるオークエスト不動産株式会社といったものもある。

更に、漢方や鍼による治療であるとか、あるいは歯医者で佐藤歯科医院とか、パソコンの修理等を行っているアプラスコンピューターズとか、こんなところまで見つかる。

更に、携帯電話を販売している携帯屋というところも広告が出ているし、ワーキングホリデーのサポートをしているアブロードカナダとか、あるいは印刷やデザインのことを行っているデジテックとか、本当に色々なものが日本人向けにサービスとして行われているということがよくわかる。

更に町を歩いていても、1日目から寿司屋というのは、いくつも見つかったし、ラーメン屋も同様。

ここら辺を考えてみても、日本人というのがいかにバンクーバーに多いのかがよくわかる。

更に言えば、ダウンタウンを歩いていると、時々日本語が聞こえてきたりすることもあり、そういったところからもこの町と日本人との関係性が深いということが読み取れる。

単純に日本との距離ということを考えても、バンクーバーというのは西海岸にあるので、アクセスはとてもいい。

逆に言うと、私が今回カナダに最初に上陸をしたハリファックスという町は、東海岸にあるので、日本からの距離というのはバンクーバーに比べて約7時間も余分にフライトがかかる。

更に言うと、ハリファックスのようなマイナーな町であればともかく、アメリカのニューヨークやワシントンに関して言っても、東海岸にあるわけなので、西海岸のバンクーバーとは同じ北米であっても、地理的な環境というのは全く違う。

そういった意味で言うと、日本との往復もしやすい。

町なのは間違いないし、川の向こうに広がる山々であるとか、海に停めてあるクルーザーとか、そういった光景も絵になる町なので、今後も多くの日本人を魅了していくことは間違いないことと思う。

寒さが厳しいとはいえ、バンクーバーはカナダの中では、冬は比較的温暖で、東京と大差ないぐらいの冬の気温なので、そういった意味で言えば、沖縄等の一部の人を除いて、日本人であれば、そこまで寒さが苦になるわけでもなく、過ごすことができるというのも、魅力の一つ。


ページの先頭へ