バンコクで生活していて経験したトラブル


※以下は海外移住者の読者さんからの投稿

バンコクで生活していて経験したトラブルなのですが、これは言葉が話せるか話せないかによってトラブルの内容が凄く変わってきまして、言葉が話せたらトラブルにならなかったということが凄く多いかと思います。

で、タイなんですが、英語があまり通じません。

英語が通じる人というのは、割と知識人の方ですね、大学を卒業している方とか会社で働いたりしている方が多いのですが、そういった方とのトラブルは普通はあまりなく、誰とトラブルがあるかというと、例えばタクシーの運転手ですとか、その道で売っているスーパーの人、とかそういった方とのトラブル、それからお家に修理に来てくれた修理工場の人とか、そういった教育レベルが低い人、と言ったら凄く語弊があるのですが、英語教育を受けていない、でも日常生活にすごく関わりのある人たちとのトラブルが多いかと思います。

ですので彼らとタイ語が話せたら特に問題は無いのですが、例えばタクシーの運転手さんに「〜に行きたい」と言ってもタクシーの運転手さんは分かっていても分かっていなくても出発してしまったり、そんな時に、分かるか分からないかの確認が出来ればトラブルが防げたかな、という時もあります。

あと意外と銀行の人も話せなくて銀行口座を作る時にタイ人に一緒について行ってもらったこともありますが、そういった重要なことも他人に任せなければいけないというところがストレスではあります。

じゃあ今度はタイ語が話せるようになったらどうなるのかというと、今まで一緒に行って任せていたタイ人がやってきてくれたことを自分がやらなければいならないということになりましてトラブルはトラブルであるんですが、大体揉めるのはタクシーの運転手さん、修理をしてくれた人、修理は何度してくれても直らなかったり約束の時間にこなかったりそういったことをもう一度問い合わせたり、というところが日常生活の中のトラブルということになります。

バンコクに移住して日本人が仕事をするには

バンコクに移住して日本人が仕事をしていく上での現実ということですが、日本人がタイで仕事をしていこうと思ったら、現地の日系企業で働くか、もしくは字自分で事業を起こして企業、と言うことになるかと思います。

どちらにしても会社の中の日本人の比率というのはとても低く、会社の中で代表という立場に立つということになります。

そして日本人の役割というのは地位がある人でもない人でも日本の日本企業とタイにある日系企業との橋渡しという役目をする場合が多いです。

そうすると日本の日本人というのはタイの生活習慣、それから働く時の習慣を知らない人がほとんどなので何か日本人が要求したり日本では当然と言われる仕事のペースもタイではそれがそぐわなかったり、リクエストに答えられなかったりすることが多いです。

それをどうしてか?と聞かれるとタイだから、というしかないような答えがよく返ってくることがあります。

例えば、何か納期、約束の期限があったとする、それに間に合わなくてどうしてですか?と言われたときに例えば大雨が降ったからとか従業員が急に来なくなってしまってからとかそういった日本ではあまり言い訳にならないようなことをタイでは平気で起こります。

それに対して間にたつタイの日本人は日本の日本人の方々が納得する方に持っていかなければならないといつも現地のタイ人と日本の日本人の間に挟まれて色々な問題を解決しなければなりません。

それは今度タイからの要求も同じでタイ人に対しても日本の習慣、働くときのスピードなどを知らない人が多いので、それをまた説明しなければなりません。

日本の日本人の方だともしタイで日系企業で働いている状況であればタイ人は当然日本の文化や日本人について理解されていると考えている方がいらっしゃると思うのですが、結構あまり日本に興味がなく、ただお給料が良いからとか、たまたま日本企業に入ってしまった、という方の方が多いですのであまりそういった期待が出来ません。

唯一タイ人の中で、日本人の通訳、翻訳者として働いている人だけが日本文化を知っていると言えるでしょう。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ