バンコクの物価の現実を移住者が暴露


※以下は海外移住者の読者さんからの投稿

次にバンコクの物価の現実を移住者が暴露ということですが、バンコクは皆さんがご存知の通り物価がとても安い都市なのですが大体、そうですね安い物を申し上げますと家賃で安い所で2万円から4万円くらいまで、ローカルのタイ人はもっと安い所に住めると思いますが、日本人の方でそこそこ安全でそこそこ綺麗でクーラーや最低限の物、温水のシャワーが揃っている所が良いというのであれば2万円くらいで済むかと思います。

それよりももし駅よりちょっと離れているとかシャワーが水であるとかクーラーが付いていないということであればもっと安い所に住もうと思えば住むこともできると思います。

こちらはワンベットルームでキッチンやダイニングが付いている形になっております。

高いところで言いますとそうですね大体10万円から30万円、コンドミニアムと呼ばれるようなところで2ベットルーム、3ベットルームにプラスキッチンやリビングが付いているという形になると思います。

こちらはもちろん、さきほど申し上げたアパートよりも大きいのですが違いと言いましてはセキュリティがしっかりしているということですね。

入り口にしっかり警備員の人がいて入る方のチェックもあるしオートロック式や侵入者、見知らぬ人の確認もきっちりしてくれます。

あとは建物が綺麗であったりとかあとは場所ですね。

タイというかバンコクではBTSと呼ばれるメインの電車が走っているのですが、そこの駅に近いところは高くなっております。

あとは光熱費なんですけれども、光熱費はあまりかからないというイメージで1年中クーラーを付けるといったら付けるのですが電気代・水道代・ガス代合わせても私の家では4000円くらいで毎月収まっておりました。

1人でしたので1人分の光熱費なのですがご家族で居ればそれの1,5倍くらいかかるのではないか、と思います。

食事なのですが、私はほとんど外食で済ませていたのですが、タイの方が行かれるようなローカルなエリアですね、そういったレストランでは安いところで150円から200円これは屋台で食べるようなご飯なんですけれどもそれでチャーハンですとか焼きそばのようなものがお腹いっぱい食べれるような食事となります。

もうちょっと良いレストランに行ったとしても1000円くらいでおさまるのではないかと思います。

それに対して日本食ですね、一番最低の日本食でも400円くらいで食べれるかと思います。

それで高いところに行けば行き、払えば払うほど良い物は食べれるのですが上に行けばキリがありませんのでその辺は高いところは高いと考えて頂ければよろしいかと思います。

あと例えば旅行に行った際に安いホテルに泊まりたいといった場合はホテルというよりは民宿というようなイメージなのですが一泊800円くらいから1000円くらいで泊まれるかと思います。

タイの中でもバンコクが一番高い都市ということで他のエリアに行きますともっと安い物価になりますのでそれでもバンコクは日本に比べたら全然安い、快適に暮らせる都市ではあると思います。

移住の際にかかる費用

次にバンコク移住の際にかかる費用ということですが、私は実際バンコクに移住する時に何も費用はかかっていないのですが、というのは特別何か家具を持っていったりですとか他にお金をかけたことがないので特に費用というのはかかっていないのですが、もし自分達の家具を日本から送ったりして持っていったりもしくはバンコクでの生活が終わってからバンコクで使っていた物を持って帰りたいというのであれば専門の業者さんに頼んで量にもよりますが50万〜100万かかるかと思います。

何か特別な思い入れのある家具を持っていくというのであればそれくらいの費用を見積もっていたほうが良いかと思います。

例えば日本から何か送ってもらいたい、例えば日本食や化粧品やバンコクではなかなか手に入らない、手に入るけれども高かったりとか、そういう物を電気製品もそうですね、外国のほうが遅れていますので日本の方が最新式の物が手に入ると思いますが、そういったものを送ってもらう時にですね、受け入れ側で郵便局でですね、税金がかかりますのでその税金がかかる商品というのは物によっても違うのですが特に電気製品や食品などは日本で送ってもらった物プラス税金がかかるとタイで買った物より高くなるという結論に至ったことがありまして税金がかかる項目をチェックしてから送ってもらった方がよろしいかと思います。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ