イスタンブールで勘弁してほしいと思うこと


※以下は海外移住者の読者さんからの投稿

次にイスタンブールで勘弁してほしいと思うことということなんですが、トルコ人というのは血の気が多くてケンカが多いですね。

ですので、例えばうちのマンションでも前の住人も毎日のように夫婦げんかをしていましたが、その彼らが引っ越した次の人たちもほぼ毎日のようにケンカをしています。

ですので、騒音という意味ではすごくうるさい街です。

例えばサッカーの試合ですとか何か行事があった時の騒音も、ものすごいものがあります。

あとは泥棒が多いことですね。

二年間でうちのマンションに3回泥棒が入ったので、これは結構多い方なのではないかなと思います。

仮に泥棒が来て警察を呼んでも、あまりにも泥棒が多いのであまり警察も動いてくれません。

盗られた後の話ですので、そんなに素早く動いても捕まることはまずありませんし、警察もそんなに捕まえる気ではいないので、そんなに焦って来たりとかはしません。

前にびっくりしたのがうちの前のマンションにまた泥棒が入りまして、そこの前から携帯電話で女の人が警察に電話しているんですけれども、「今、うちの中で誰かいるようで物音がするので今すぐ来てください」という電話をかけているんですね。

結局警察が来たのは一時間後なんですけれども、とにかくトルコの警察というのは何の仕事をしているのかよくわからないくらい当てになりませんで、例えばこの前も道でひったくりにあった人たちも、警察が近くにいたんですけれども「何もしてくれませんでした

と言っていました。

私も警察が車で赤信号を無視して渡っているのを見ますので、こちらの警察の倫理と言うか、警察の職業概念がどうなっているのかちょっとよくわからないものがありますね。

あとはやはり人々はいい加減ですので、それは日本と比べていい加減という意味なんですけれども。

例えば何かクレームをつけるということは出来ません。

買ったものが壊れたり、それから例えばレストランの食事の中に何か虫や髪の毛が入っていたとしても、それはクレームとして成り立ちません。

言った相手もあんまり親身になって取り合ってくれません。

物がすぐ壊れても、まあ当たり前だろうという感じで対応されますし、何か食事の中に入っていたとしても、まあ「ごめん」くらいは言ってくれるかもしれませんが、日本のように平謝りということにはなりませんので、逆に言っても無駄だなという気がします。

例えば何か修理に来てほしいと言って約束をしたとしても、守らないこともとても多いです。

その時の理由が結構腹が立つんですけれども、例えばこちら側が朝の9時に約束をしたとして向こうもOKしたとします。

こちらは待っているんですけれども、向こうが来ませんで、電話を掛けると向こうの人は「朝の9時は早いからあなたは寝ているだろうと思って」っていう返事が返って来まして。

そういったものは全く理由になりませんで、こちらは9時は起きているという了承のうえで約束をしているにもかかわらず、おそらく本人が寝坊をしたので来れなかったのだと思いますけれども。

そういった非論理的な言い訳を平気でしてくるようなところにちょっと腹が立ちます。

イスタンブール人の時間感覚

イスタンブール人の時間感覚なんですが、こちらのイスタンブールでは渋滞が酷いので、少々の遅刻や欠席にもあまりイスタンブール人やトルコ人は気にすることはありません。

日本と違って規則正しい生活というか時間に間に合うということがまず出来ないということなので、それは社会的にも受け入れられていると思います。

あとはイスラムですのでお祈りが一日に5回ありまして、それに対する時間というのはきっちりしています。

ただそれはモスクでお祈りの時間になると音楽というかお知らせが流れるので、それによって皆さんは時間を知っていると思うのですが、それを基準に生活が回っている人たちもたくさんいます。

仕事をしていてもお祈りの時間になったら、お祈りをすることが許されています。

あと夏と冬の季節感がすごく日本人に比べて意識がすごく強いんじゃないかなと思うんですけれども、冬、毎日曇りまたは雨でちょっとどんよりしてるので、夏になるとすごく張り切って外に出ます。

外に出るというのは例えばオープンテラスでお茶を飲んだりとか、そういったことをすごく楽しみにしています。

あとは海に行く。

これはもちろん日本人もそうなんですけれども、トルコ人は一生海に行くというか歳をとっても70でも80でもおじいさんが海に行く姿が見られますので、やはりそういった日に当たるというのがヨーロッパ人は好きなんじゃないかなと思っております。

そしてイスラム教徒にとって一番大事なラマダン、断食ですね。

この時期になりますと日中、日が出ている時間は飲み物、食べ物は一切口にできませんので、私たちには想像が出来ないのですが、ご飯が食べられる時間になると10分15分前からレストランに並んで、食べ物、飲み物を目の前において待っておりますので、やはりそういった時期には彼らの一日の時間、感じる時間というのはすごく長いのではないでしょうか。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ