トルコのハマム


※以下は海外移住者の読者さんからの投稿

次にトルコのハマムなんですが、有名なところは幾つかありまして、旧市街と呼ばれるスルタンアフメットの中に有名なところがあります。

ハマムに関しては地元のところよりも、有名な観客用のところに行った方が良いかと思います。

まず、地元のところですとやはりちょっと清潔感がないと言うか、ちょっと汚い感じがいたします。

私が行ったハマムは、ただハマムに入るだけというのと、それにプラス垢すりとそれにプラスのマッサージというのがありまして、私はハマムとマッサージをしたのですけれども、トルコのハマムというのは裸では入りません。

まず、水着を持っていれば水着で入れますし、水着を持っていなければ水着を貸してくれます。

トルコ人は公共の場では裸になるという習慣がありません。

西洋人の方が他にいらっしゃると、間違えて裸で入られて、その人たちが多いと勘違いをして、つい自分も裸で入ってしまうという間違えたことをしてしまったという人もいらっしゃるんですけれども、基本的には裸で入りません。

トルコの垢すりなんですが、日本だと韓国垢すりなんかは一時間くらいたっぷりしてくれると思うんですけれども、トルコの垢すりは10分くらいで終わってしまいます。

ただ垢すりに入る前にハマムという蒸気のお風呂ですね、そういったお風呂に入りますので結構、垢はとれてすっきりするかと思います。

シャンプーや体を洗ってくれたり、そういったサービスもあるのですが、シャンプーは乱暴ですので、あまりお勧めはしません。

それからトルコには意外と知られていないのですが、温泉もすごく多くて、ただ日本の温泉とやっぱりイメージが違いまして、裸では入りません。

裸で入るところは仕切られたところで、どちらかというと温泉というよりは銭湯というイメージなんですが、そういったところに家族単位で知っている人たちとだけ、入るという形になっております。

では、どういったところに温泉があるかというと、トルコから2時間くらい離れたブルサというところやボラというところに有名な温泉地があります。

ただ、やはり日本人で日本の温泉を知っているという条件から考えると、トルコの温泉はちょっとがっかりするかもしれません。

イスタンブールのお土産

イスタンブールのお土産なんですけれども、よく友達に配る系の安くて軽くてみんなに気軽にあげられるものとしてはナザールボンジュというイスタンブールではお守りとして使われているものが、1リラや2リラで簡単に買えます。

あとイスタンブールは紅茶、トルココーヒーというのがとても有名で、こちらの方をお土産に買って帰られる方もいらっしゃいます。

紅茶もいろんな種類がありまして、リンゴチャイですとか後はキウイチャイ、それからバナナチャイといういろんな味の紅茶があります。

で、トルココーヒーなんですけれども、よく聞かれるのが「トルコで飲むときはおいしいんだけれど、日本で帰って自分で作ったら美味しくなかった」「味が違った、味が違っていた」ていうことはよく聞かれます。

そういったことはいろんな国で、ままあるかと思います。

じゃあ陶芸、ですね。

陶芸がとてもきれいで、グラスですとかお皿ですとか、そういったものを持ち帰る方もいらっしゃるかと思います。

私も、小皿くらいだったら重さもそんなに重くないしと思って持って帰ったんですけれども、友達にあげてもですね、やはり中身がきれいすぎて使うのが勿体ないということで飾るようにして飾っていただいております。

あとは値段が張るところであると絨毯ですね。

トルコ絨毯、それからキリムという絨毯よりもちょっと値段が落ちるんですけれども、こちらの方もトルコの工芸用品としてよく売られております。

絨毯方はやはりお値段が張りますので、高いものになると100万円。

こちらの方はシルクの絨毯ですね、シルクの絨毯であったら100万円。

まあ安い物でも4、5万で買えると思いますので、きれいな絨毯をお土産に買って帰る方も多いかと思います。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ