トルコの食事


※以下は海外移住者の読者さんからの投稿

次にトルコの食事ということなんですけれども、日本で有名なトルコ料理と言いますと、ケバブとかドネルだと思うのですが、日本で食べられるケバブとはちょっと違っているかと思います。

日本でケバブを食べたことがないのですが、ほとんどのトルコ人は日本のケバブはトルコのケバブとは違うと言っているので、やはり味付けや肉が違うのだと思います。

だいたい日本の方が一週間もトルコにいると胃をおかしくされる方が多いのですが、脂ですね、すごく脂っぽいです。

それから香辛料をたくさん使いますので、やはり胃に負担がかかるというイメージがありますので、胃休めに日本食レストランに来られる方が沢山いらっしゃいます。

トルコ料理というと、トルコに来られるときにガイドブックなんかを見て、よくチェックをされるとは思うのですが、レストランに行ったときに実際にメニューからどんなものが出てくるのかというのが、なかなか名前だけからは想像がつかないかと思います。

トルコのレストランで多いのがビュッフェ形式のようになってまして、目の前に料理が並んでおりまして、それを指をさして選んでいくというパターンがあります。

そういったものですと、見た目から何が入っているのかとか、どういった味付けなのかなっていうのがちょっと想像することが出来るので、そういったレストランで食べるのも便利なのかなと思います。

ただ、そういったレストランだと今度、逆に名前がわかりませんので、メニューで選ぶレストランで名前から同じものを食べたいと思っても、選ぶことが出来ないので、それはそれでなかなか不便かなと思います。

ただイメージしたものは食べれるかと思います。

トルコの食事の時に一番困るのが飲み物で、トルコ料理に合った飲み物というのがあまりありません。

日本人はお茶を飲みますが、トルコ人はご飯を食べるときにコーラを飲んだりとかオレンジジュースとかそういった味のある甘いものをよく飲んでいます。

そういった習慣がありませんので、初めは水を頼んでいたのですが、水とご飯というのはトルコ人にとっては飲み物ではありませんので、水を頼んでまた他の物を聞かれてしまうということもよくありました。

ですので、トルコ料理に合った飲み物と言うと、紅茶ということになります。

日本人にとっては味が付いていない、甘くないものということでは紅茶しか選択権がないのかなと思います。

あと、脂っこいので脂っぽくて味が濃いので、何にでもヨーグルトをかけるという習慣がありまして、こちらの方は初めはちょっと慣れないうちは引いてしまうのですが、慣れるようになると、やはりこういった濃い料理にはヨーグルトで味を薄めるくらいのことをしないとなかなか食べられないなということに気づきまして、最近は何にでもヨーグルトをかけるようになりました。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ