バンコクに移住する際に持っていくと便利な物


※以下は海外移住者の読者さんからの投稿

バンコクに移住する際に持っていくと便利な持ち物ということですが、バンコクは食べ物に関しては、日本のスーパーマーケットもありますし、バンコクは日本食のレストランやさんがもの凄く沢山あるところで、ラーメンも、ただのラーメン屋さんじゃなくて九州ラーメンとか北海道ラーメンとかそういった仕分けもされているくらいレストランが充実していますので、食べ物に関してはこれを持っていくというお勧めはあまりしません。

スーパーマーケットに行けば値段は少し高いですけども、自分の手で持って行くものよりはもっと良い物が手に入ると思います。

持っていくと良いものというと、電気製品ですね。

先ほども少しお話に出たんですけども、例えばパソコンですとかカメラとか1、2世代前の物が日本よりも高い値段で売っていますので、もちろん例えば中国製ですとか台湾製ですとかそういった物は安く売っておりますが、出来れば日本製の物やアメリカ製の物が良いというのであれば日本で買って持っていった方がよろしいかと思います。

お値段も安いですし、最新の物が手に入りますのでそちらをオススメいたします。

その際は変圧器やプラグの変換などはお忘れないようにお持ちください。

あとは日本独特なものとして私が1番困ったのが変な話なのですが、竹の耳掻きですね。

これがなかなか手に入りませんで、綿棒派と竹の耳掻き派があるかと思うのですが、私はどうしても綿棒は柔らかくてダメで竹の耳掻きが良いんですけれどもこれが全然手に入りませんでした。

後はコンタクトレンズの液とかソフトの人はよろしいのですがハードのコンタクト液は凄く手に入りにくいと思います。

あと文房具は持っていくことをお勧めいたします。

タイにももちろん文房具はあるのですが、とにかく壊れやすく、例えばシャーペンですとかボールペンですとかすぐ書けなくなります。

あと消しゴムもあまり消えません。

そちらの文房具の質がとても悪いので日本からボールペンを1本持っていくと大変喜ばれます。

あとは日本でも売られています便利商品といった物はタイには絶対ありませんので持っていかれるかと良いかと思います。

例えば台所用品で何か便利な物ですとか、化粧品などの細かい作業が出来る物なにかはタイでは売ってないかと思います。

移住についての裏話

バンコク移住の裏話ということなんですけれども、裏話というほどのことでも無いのですが、バンコクに移住している人というのは日本人の中でもいくつかのグループがあります。

グループというのは生活体系で変わってくるのですが例えば1つは駐在の方、駐在の方は会社に言われ2年なり3年なり4年なり短期の決まった期間タイに滞在しているという形態のかたですね。とそのご家族。

それからあとはタイに住みたいという意思を持って自分の気持ちできてタイで仕事を探して例えば10年なり20年なりタイに住みたいという意思をもってきている人達。

それからロングステイといって年金生活者ですね、日本で65歳まで働いてそこから年金を貰うようになってからタイで老後を過ごしたいとう意思をもってタイに来られたかた達ですね。

そういったグループに分かれるのですが日本でも同じことはおこると思うのですが、例えば結婚しているか結婚していないか子供がいるか居ないかで生活の時間帯や生活の環境が変わるかと思いますので、そういった方達が結婚してからの付き合いが薄くなったりということは、どちらの世界でもあるかと思います。

タイの場合は生活の環境の違いもありますがレベルの違いも出てきまして、例えば生活の時間帯は合いますけれども経済的な面で一緒に行動できないということもあります。

例えば駐在の方はお給料も凄く良いですけれども現地採用の人達はお給料がそんなによろしくないので何かご飯を食べに行くにしても同じレストランに行くことはなかなか難しいという状況が生まれてきます。

そうすると段々気があってもなかなか付き合いづらいという状況も発生してきます。

あとは日本人との社会にどっぷり漬かりたくないというのもローカルの生活をしている人たちの考え方なので、どちらかというと駐在の方は日本人社会にどっぷりはまる日本の会社で働き日本のコンドミニアムに生活し、日本人だけで生活するといういずれは日本に帰っていく方達ですので、あまりローカルとは交じり合わないという生活習慣を持っているかと思います。

ロングステイの方は元々バンコクではあまり見られないと思うのですが、どちらかというと田舎のチェンメイやチェンライのほうに沢山いらっしゃるような気もしますが、そちらの方達はロングステイの方達同士で一緒に交流しているというのが見られます。

同じ外国に住んでいる日本人同士なんですけれどもやはりそういった違いがあって交流がなかなか無いというのも寂しいなぁということも感じておりました。

でも日本であっても気が合うか合わないかというのはやっぱり生活習慣とか生活レベルで同じ行動を共に出来るか出来ないかというところもありますのでやはりそれはいたしかたないことなのかなとも思います。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ