バンコクに移住する前の下見で外したくないポイント


※以下は海外移住者の読者さんからの投稿

バンコクに移住の前に下見で気をつけることということなのですが、下見というとこれからバンコクで住む家を探す下見ということを考えます。

不動産屋さんに紹介してもらえるようなお家は、治安も良くて住みやすい、日本人が住みやすい所に集中しているかと思いますがもしご自分でお探しになる場合は昼間と夜と両方ご覧になられた方がよろしいかと思います。

私が住んでいた所も新宿の歌舞伎町のような所で広は静かなんですが夜になると飲み屋さんが開きだしてドンちゃん騒ぎというような所でしたので広と夜の顔は全く違う、ということですね。

あとはそうですね、不動産屋さんに紹介してもらった場合はほとんど日本人街といった所に住むかと思います。1つの通りのコンドミニアムの6割7割が日本人で、日本人レストランが沢山あるとうような所に住むかと思いますが、もしご自分で探される場合は全くローカルな場所ですね、タイ人と混ざって生活するようなところになるかと思いますので周りのスーパー、お店ですね、そういった所やレストランなど自分が生活していてお食事出来るような、買い物できるような場所があるか、というところをチェックされると良いかと思います。

日本と全く同じで駅から近ければ家賃は安いし駅から遠ければ家賃はそれなりに下がっていくのですが、周りの治安などを考えると割と駅から近い方がよろしいかと思います。

あまり値段が安すぎても今度治安が悪くて泥棒が入ったりしますのでそういった逆の犯罪に巻き込まれたということもありますのであまり安すぎるところを選ぶと大変なことになるかと思います。

先ほど私が申し上げた新宿歌舞伎町のような所に住んでいて、というところなんですが、じゃあ治安がそういった所が悪いかと言うとじつはそうではなくて人が沢山いるところであっても治安は悪くないんですね。

タイだとゲイとかオカマが凄く多くて一瞬見るとドキっとして危ないとまではいかないですけど引いてしまうのですが、そういった人達はおそらくほとんど害がないと思います。

そういった人達から何か害を受けたというのはあまり聞いたことがございませんので繁華街でうるさいのが大丈夫ということであれば繁華街=治安が悪いということではないので大丈夫だと思います。

逆に人気がない道に建っているマンションとかコンドミニアムの方が夜怖いかと思います。

ただそういうところに住まれている方はタクシーや現地の交通機関を使って家の真ん前まで停まってもらうという手段を使っていると思いますので、それはそれで安全だと思います。

後家を下見する時に気をつけてもらいたいのが日本では当然あると思われている物がなかったりします。

例えば聞いたことがあるかどうか分からないんですけれども、タイは外食産業ですね、外食がとても安いので家でご飯を作らないという習慣もありますので1人暮らしか2人くらい住めるアパートですと台所が付いていなかったり台所がベランダに付いているというパターンも多いです。

私が見た家でも5件中3件は台所がなかったのでそういったチェックもされると良いかと思います。

あと、シャワーが付いているので実はお湯が出ないとかよくよく話を聞かないと水しかでないシャワーですね、そういったシャワーになっている所もありますのでそういった暖房、じゃなく冷房器具ですね、冷房器具もクーラーなのか送風なのかという所もきちんと気をつけてもらいたいと思います。

バンコクに移住する際に取得したビザ

バンコクに移住する際に取得したビザなのですが、私はビザのことで揉めまして、私は日本語学校で働いていて教員の資格を持った人のビザというのを取ったのですが、ワーキングビザの中に入ると思います。

始め、タイ人スタッフに相談したところ、観光ビザで入ってタイの中で労働ビザに切り替えることが出来るというので観光ビザでそのまま行ったのですが行ってからやっぱり出来ないと言われまして1ヶ月してから一度日本に帰りました。

その後何度もタイの大使館に通ったのですが、タイから送られてくる書類の不備が多くて3回くらい大使館に通ってやっとワーキングビザを取りました。

ですので、ワーキングビザは会社によって取得が凄く簡単なところとそうでないところがあると思います。

例えば大きな会社であれば日本人を雇うことに慣れていると思いますので、ビザに関する問題やタイからの信用があるのですぐ簡単に取れるかと思います。

ただ私が大使館に行った時に前に居た某有名会社の方はやっぱりそれも書類が足りなくて着き返されていましたが、ワーキングビザに関する問題は会社の方が慣れていますので大丈夫かと思います。

もしタイに行く前に働くところを決めないで観光ビザで行ってワーキングビザに切り替えてもらおうと言う方もいらっしゃるかと思いますが、そちらに関しましてはそれも会社次第でそういった人はとても多いのでそういった会社もそういった対応には慣れていると思いますので大丈夫だと思います。

あとはロングステイビザになるかと思いますが、ロングステイビザはもちろん日本を出る前に大使館でロングステイビザを取得していかなければなりませんのでそちらの方は取得方法はそれにしたがってやっていただければよろしいかと思います。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ